予習中心の指導で上位校志望の生徒たちが直面する問題点とは?

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記 勉強法一般
スポンサーリンク

大手進学塾で上手くいかないのはなぜ?

【注意】現在、中学生の進学塾フォローは一切お断りしています。また、塾を妄信して僕の指示に従わない生徒・保護者は、理由の如何を問わず、指導終了とさせていただきます。(2017年4月12日追記)

僕が大手進学塾の補習をすることもあります。この場合も、生徒の苦手分野を潰した後は、塾のテキストに沿って塾のカリキュラムを予習していきます。生徒に甘えが生じて予習内容の定着が悪いのは前ページの通りです。

とはいえ、大手進学塾は進度が速いので、僕の指導で定着しなかったことも、比較的早めに生徒は塾で習います。そこで「みみずく先生の言っていたことが役に立つなぁ」と実感してもらえればそれでOKです。

一方、塾通いしている生徒特有の問題点があるのも確かです。

長時間拘束と大量課題が引き起こす消化不良

効率的かつ必要十分なカリキュラムで構成される大手進学塾にいながら、その授業内容についていけない生徒が出てくるのはなぜでしょうか?

大手進学塾で伸び悩んでいる生徒たちの多くは、塾による長時間拘束と大量課題が原因で、消化不良に陥っています。彼らは、一つの単元をきちんと理解する間もなく、塾のカリキュラムに流されて次の単元へと進みます。やるべきことばかりがどんどん増えて、知識が定着しません。定着しないどころか、塾に通えば通うほど学力が下がるケースすらありました。

何が何でも子どもを塾に通わせたがる保護者

ある中学受験生の話。彼は、大手塾に毎日のように通い、塾が休みの日には僕と塾の復習をしていました。ただ、彼は忙し過ぎました。塾の宿題に、学校の宿題に……とてもこなしきれない量でいっぱいいっぱいだったんですね。

長期休暇期間中、塾も学校もなく、僕と一緒に勉強するだけの日が何日かありました。そのときの彼は算数などがとてもよく定着して、「今日はよくできていましたね。この調子でこれからも勉強を続けられれば、中学受験もきっと大丈夫ですよ」と僕は保護者に報告したくらいです。

しかし、長期休暇が明けて塾と学校が再開すると、彼の学力は白紙状態に戻ってしまいました。塾から出される大量の宿題だけで疲弊し、長期休暇中に学んだ内容の復習に手が回らず、せっかくできていたこともまたできなくなったんですね。

生徒の学力が消化不良で低迷している現状を僕は保護者に相談しました。が、保護者は生徒を塾に通わせることにこだわり、僕と意見が合わず……。もろもろの事情から契約解除になりました。

何のための塾通いなのか?

中学受験生の例では、「何のための塾通いなのか?」を保護者がきちんと考えられなかったことに問題がありました。というよりも、塾通いしている生徒やその保護者の多くが、「何のための塾通いなのか?」を理解できていないのかもしれません。だからこそ、彼らは、塾の営業トークに惑わされずに塾と適当な距離を保つ、ということができないんですね。

「どうでもいい授業(たとえば国語)で長時間拘束されるくらいなら、そんな授業は休んで自分で勉強する」「大量の課題をこなしきれないので、自分にとって必要な問題だけを解く」――こうした判断ができない生徒(やその保護者)の指導では、僕もなかなか成績を上げられずに苦戦します。

もちろん、塾を有効活用できている例もたくさんあります。そういう生徒に対してまで僕があれこれ言うつもりはありません。しかし、塾で伸び悩んでいて僕に相談してきたのなら、僕の言うことにもある程度は耳を傾けてほしいと思っています。

トップ画像=フリー写真素材ぱくたそ / モデル=Max_Ezaki 河村友歌 大川竜弥

コメント

タイトルとURLをコピーしました