【自由研究】夏休みの宿題としてふさわしい観察や実験は何か?

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記宿題対策
スポンサーリンク

博物館の見学やイベントへの参加

自然科学を扱う博物館の見学レポートや、自然観察や実験などの体験イベントの参加レポートを認めている学校もあります。

しかし、こうしたレポートは、観察や実験に比べて評価が低いようです。高評価を狙う人は、観察や実験に取り組んだ方がいいでしょう。

スポンサーリンク

自由研究のテーマの決め方

自由研究のテーマを決めるに際して、生徒はいろいろなアイディアを出します。そのこと自体はとても感心なことです。

しかし、生徒が自分で考えたテーマは、ほとんどの場合、自由研究として不適切です。どんなにユニークなテーマでも、そこから考察できることが無ければ、研究としては意味をなさないからです。

たとえば、「イモリの観察」をテーマにしても、ペットのイモリ1匹だけ観察しても無意味です。年齢や雌雄などが同じイモリを2匹以上用意し、1つの条件だけを変えて飼育するなどしなければ、中学生以上に求められる観察とはいえません。小学生が行うアサガオの観察と同レベルでは論外です。

こうした事情から、自由研究のテーマを決めるのはとても難しいんですね。だからこそ、自由研究のテーマを自分で考えるのではなく、書籍やネットなどで紹介されている実験のどれかを行うべきです。

自由研究を紹介する本は書店でも売っています。そうした本を立ち読み……ではなく、購入して、自分でできそうな観察や実験を選ぶといいですよ。

図書館にも自由研究の本があるかもしれません。今のうちならまだ借りられるはずです。夏休みが始まる前に借りて、自由研究のテーマを決めておくことをオススメします。

トップ画像=Pixabay

自由研究図鑑―身近なふしぎを探検しよう (Do!図鑑シリーズ)

新品価格
¥1,728から
(2018/4/23 01:19時点)

自由研究 中学生の理科 Newチャレンジ

新品価格
¥1,058から
(2018/4/23 01:19時点)

中学生の理科自由研究 完全版―レポートの実例&発展研究つき (学研の自由研究) (学研の自由研究シリーズ)

新品価格
¥972から
(2018/4/23 01:20時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました