国語の成績を上げる方法はあるのかな?中学生のための定期テスト対策

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記 定期テスト対策

一問一答問題を作る

漢字や文法、表現技法などの知識は一問一答問題にしてノートにまとめます。

ノートのページを線で2分割して、左に問題、右に解答という形式で問題を作っていきます。こうすれば、右側を隠して後で何度も解き直すことができます。

この作業はノートまとめではないので、色ペンを使って綺麗にまとめたり、図にして見やすくしたりする必要はありません。

一問一答問題の作り方は、以下を参考にしてください。

【ノートの左(問題)】

(1) たとえを用いて印象を強める方法。

(2) 言葉の順序を入れかえることにより、強調効果をもたらす方法。

(3) 同じ言葉を繰り返し用いることによって、強調効果をもたらす方法。

(4) 語調の似た表現を並べることによって、文章の調子を整える方法。

(5) 文末を名詞で終わらせて、余韻を残す方法。

【ノートの右(解答)】

(1) 比喩

(2) 倒置法

(3) 反復法

(4) 対句

(5) 体言止め

スポンサーリンク

国語の定期テスト対策で内申書の評定アップ

中学生の定期テストだと、時期によっては詩や古典がメインになることがあります。そういう出題範囲に対して、「嫌だ」と拒否反応を示す生徒が多いようです。

しかし、詩や古典こそ暗記で乗り切れる分野です。ここで暗記を頑張れば高得点を狙えます。しかも、周りの生徒たちがろくに勉強しない分野なので、いつもより少し点数をアップさせれば順位は大幅にアップします。

国語の定期テスト対策をきちんと行えば、テストの点数や順位がアップするだけでなく、内申書の評定もアップする可能性が高まります。これまで国語はノー勉だった中高生は、次回の定期テストの際にはしっかり国語を勉強しましょう。

トップ画像=フリー写真素材ぱくたそ / モデル=河村友歌

コメント

タイトルとURLをコピーしました