【崇徳院】保元の乱で敗れた上皇が讃岐国で怨霊になったって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【崇徳院】保元の乱で敗れた上皇が讃岐国で怨霊になったって本当?

古代日本では、政治的な争いで地位を失った者や争いで敵に敗れた者など、恨みを残して死んだ者の霊が「怨霊(おんりょう)」になると考えられました。怨霊は災害を起こしたり病気を流行させたりすると恐れられていました。

怨霊の中でも特に有名なのが崇徳院(すとくいん)です。今回は、崇徳院の一生をたどりながら、崇徳院が怨霊になった理由に迫ります。

広告

崇徳院の一生と保元の乱

崇徳院(崇徳天皇)が政治の表舞台に出てくるのは平安時代の院政期です。院政は、天皇が後継者に位を譲って上皇(出家後は「法皇」)になって、新しい天皇をサポートしながら実際に政治を行うことです。1086年、白河天皇が幼い堀河天皇に位を譲ったのが院政の始まりとされています。

崇徳院の名は顕仁(あきひと)です。顕仁は鳥羽上皇と藤原璋子(ふじわらのしょうし、待賢門院(たいけんもんいん))との間に誕生した第一子とされます。しかし、璋子には、白河上皇(鳥羽上皇の祖父)とも男女関係にあるという噂がありました。そのため、鳥羽上皇は顕仁を自分の子ではなく祖父の子であると疑い嫌ったといわれます。

顕仁は1123年に5歳で崇徳天皇として即位しますが、実際に政治を動かしていたのは白河法皇でした。その後、院政を引き継いだ鳥羽上皇は、1141年に崇徳天皇を退位させ、藤原得子(ふじわらのとくし、美福門院(びふくもんいん))との間に生まれた子を近衛(このえ)天皇として即位させました。

近衛天皇の死後、崇徳院は自分の子供を天皇にしようとします。しかし、鳥羽法皇は得子にそそのかされて、自分の弟を後白河天皇として即位させました。

崇徳院は、天皇としても上皇としても政治の中心で活躍できず、不満に思いました。ちょうどこのとき、摂関家でも藤原頼長(ふじわらのよりなが)が兄の藤原忠通(ふじわらのただみち)と争っていました。そこで、崇徳院は頼長と手を組んで、源為義(みなもとのためよし)や平忠正(たいらのただまさ)などの武士たちを集めました。

一方、後白河天皇は、藤原忠通や藤原通憲(みちのり)のアドバイスを受け、平清盛(たいらのきよもり)や源義朝(みなもとのよしとも)などの力を借りて、崇徳院を夜に襲いました。

崇徳院側は敗北して、捕らえられた崇徳院は讃岐国(さぬきのくに、現在の香川県)へ流されました。これが保元の乱です。崇徳院は京の都に帰ることが許されないまま、讃岐国で亡くなりました。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください