【誤文訂正】英文の誤り箇所を指摘するのに役立つ着眼ポイント6つ

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記 英語
スポンサーリンク

3. 時制

動詞の時制をチェックします。

・時制の一致

・時制を表す修飾語

・時・条件を表す副詞節内の動詞

・should … that ~ の that 節内の動詞(原形)

【問4】I ①hurried to the meeting, ②but when I ③get there ④ithad already ended.

答は③です。

時制を表す3か所①③⑤に下線が引かれています。この中で、③のみが現在時制で他は過去時制です。したがって、③を過去時制の “got” に訂正します。

スポンサーリンク

4. 代名詞

代名詞は、具体的に指示する内容を必ず確認します。

・指示内容は人かものか?

・主格 / 所有格 / 目的格

・間接話法における代名詞の転換

【問5】Father ①told me that ②youhadto clean ⑤up my own room.

答は②です。

この問題では間接話法が用いられています。間接話法では、名詞節内の代名詞は名詞節外の人物に対応させるのがルールです。”Father told me”の “me” に対応させて、②を “I” に訂正します。

【問6】Two of the tourists ①losttheirs passports ③whiletheywere shopping.

答は②です。

直後に名詞が続く場合、所有代名詞ではなく所有格を使用します。したがって、②を所有格 “their” に訂正します。

コメント

  1. じょ より:

    こんなレベルじゃ、Fランしか通用しないよ。もっと実践的なの書いてほしい

    • みみずく より:

      高度な誤文訂正問題の解法を知りたいのでしたら、記事の最後で紹介した参考書を使うか、志望校の過去問にチャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました