都立入試社会

スポンサーリンク
都立入試社会

【都立高校入試社会対策】過去問から考える資料読み取り問題のコツ

都立高校入試社会では、公民分野や日本地理分野、近現代史を中心に、資料読み取り問題が必ず出題されます。このタイプは、知識が無くても、与えられた文章と資料とを照らし合わせ、きちんと情報処理できれば必ず正解できます。
都立入試社会

都立高校入試の社会には、知識が無くても解ける問題があるって本当?

都立高校入試の社会は、他県の公立高校入試の社会と一味違います。過去問の解説を通してその傾向を把握し、都立高校受験生にとってどのような勉強法が有効かを考えます。知識の丸暗記よりも大切なこととは一体……!?
都立入試社会

【都立高校入試社会対策】略地図や表から国を特定する問題の対策

都立高校入試社会の大問2[問2][問3]は、略地図や表などから国を特定する問題が出題されます。このタイプの問題の傾向と対策を過去問に基づいて紹介します。一問一答形式で知識を丸暗記しても非効率的ですよ。
都立入試社会

【都立高校入試社会対策】気候帯と雨温図から世界地理を考える

都立高校入試社会の大問2[問1]は、世界の国々の気候帯と雨温図に関する問題が出題されます。このタイプの問題はどのように解けばいいのでしょうか?過去問の解説を通して、問題の傾向と対策に迫ります。
都立入試社会

【都立高校入試社会対策】近現代史はストーリー仕立てで理解しよう

都立高校入試社会の歴史分野では、明治維新から現代までの近現代史に関する問題が出題されます。世界史や戦後経済史とも絡んで複雑な近現代史を、どのように勉強すればいいのでしょうか?年号暗記ではない勉強法を紹介します。
都立入試社会

【都立高校入試社会対策】都道府県の特徴を問う日本地理の問題解法

都立高校入試社会の日本地理分野では、4つの説明文に対応する都道府県を選ばせる問題が出題されます。このタイプの問題は、県名や地名などの知識を丸暗記しても解けません。過去問の傾向を踏まえた勉強法を考えましょう。
都立入試社会

【都立高校入試社会対策】過去問分析に基づく効果的な歴史の勉強法

都立高校入試の社会には、他県の入試問題と異なる独特の傾向があります。そのため、学校や塾などの社会対策では、時間と労力をかけた割になかなか結果が出ません。暗記重視の勉強法から、どのような勉強法に切り替えればいいのでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました