歴史 一覧

【崇徳院】保元の乱で敗れた上皇が讃岐国で怨霊になったって本当?

【崇徳院】保元の乱で敗れた上皇が讃岐国で怨霊になったって本当?

古代日本では、恨みを残して死んだ者の霊が「怨霊」となり、災害や流行り病を引き起こすと恐れられていました。怨霊の中でも特に有名な崇徳院について、その一生をたどりながら、怨霊になった理由に迫ります。保元の乱の背後にはドロドロした人間関係が……。

記事を読む

広告