暗記科目は3秒ルール!分からない問題はすぐに解答を見なさい!!

テスト勉強で対策プリントに頼るな!全教科で点数を上げるための方法 勉強法一般

試験本番でもスムーズに知識を思い出すためには、日ごろから時間を意識しながら勉強することが何よりも大切です。

1つの知識を思い出すのに使っていい時間は3秒!

3秒で思い出せなければ、「覚えていない」と見なして解答を見る!!

このやり方を徹底して、問題を解く時間を短縮します。その代わり、同じ問題を何回も繰り返し解きます。

問題集1ページを30分かけて丁寧に解くのはNG。30分で1ページを何回も解き直すのがコツです。

スポンサーリンク

復習では時間を短縮する

解き直しの際は、時間を短縮しましょう。単なる知識問題といえども、1回目に解く際は時間がかかります。しかし、2回目以降の復習で、1回目と同じくらい(もしくはそれ以上)の時間をかけてはいけません。

1回目を10分で解いたなら、2回目は5分で解くことを目指します。これは、暗記科目に限らず、全ての科目の復習で有効です。短い時間で解き直せば、1回の復習でたくさんの問題を確認できます。過去に解いた問題の復習では、「量をこなす」ことも大切です。

スポンサーリンク

生徒の自己満足と保護者の勘違い

勉強が苦手な生徒たちは、「考えれば思い出せるはず……」と考え込んで、復習すら遅々として進みません。挙句、「考え込む→時間をかける→勉強した!!」という自己満足に陥ります。

しかも、このような生徒の保護者は、「うちの子は勉強しているのに、全然成績が伸びない」と勘違いします。この勘違いに対して、僕は次のように言いたいですね。

あなたのお子さんは、「勉強しているのに」成績が伸びないのではありません。「勉強していないから」成績が伸びないんです!!

何でもかんでも考え込むことが尊いわけではありません。世の中には、「考えるべきこと」と「考えなくていいこと」とがあるんですよ。

勉強も同じです。「考えなくていいこと」に時間を費やす不毛な努力を「勉強」とはいいません。そんな「勉強モドキ」の行き着く先は、自己満足と勘違いと成績不振なんですね。

トップ画像=フリー写真素材ぱくたそ

コメント

タイトルとURLをコピーしました