割合以前に日本語ができない!算数の文章題でつまずく生徒たちの現状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

算数で割合(分数・小数の文章題や速さの文章題)を教えていると、多くの生徒たちがつまずきます。

つまずきの原因が概念の難しさにあるのは確かです。しかし、生徒たちが困難を抱える背景には、「算数」という科目の枠を超えた問題が横たわっています。

本記事では、つまずきの原因を分析してみたいと思います。

日本語ができない生徒たち

生徒たちが頭を抱えるのは、次のような問題です。

黄色のテープの長さは3mで、青色のテープの長さは2mです。黄色のテープの長さは、青色のテープの長さの何倍ですか。

この問題を見た生徒は「2÷3?3÷2?あれ、3×2だっけ?」と混乱しました。しかし、「6gは3gの何倍?」という質問には「2倍」と即答しました。

もちろん、彼は、「6gは3gの2倍です」が「3gを1としたとき、6gは2と表されます」という意味だとは分かりません。「倍」を正確に理解しているわけではありません。

とはいえ、彼は「6gは3gの何倍?」で正解を出せているので、僕は「じゃあ、さっきの問題と『6gは3gの何倍?』は同じだよね。さっきの問題で『6g』と『3g』に当たるのはそれぞれ何?」と質問します。ここでまた生徒の混乱が始まりました。

「えっと、『6g』が『2m』で……あれ、『3m』かな?えっ、違う?じゃあ、『長さ』が『6g』で……ん?『青色』が『6g』かな?」

彼は、もはや何が何だか分からない状態です。ここで、彼が抱える困難の原因が明らかになりました。それは、日本語ができないということです。

「の」を区別できない

「6gは3gの2倍です」は、6÷3という計算で2を求められます。これと同じことを冒頭の問題でもすればいいだけです。しかし、生徒たちの中には、冒頭の問題で、「6g」や「3g」に当たる言葉(数値)を見つけられない生徒がいます。

そういう生徒には、「『倍』の前にある『の』の前の言葉が『3g』に当たるよね?」と僕は言ってみます。すると、彼は「『3g』に当たるのは『長さ』!」と答えます。「いや、でも、『長さ』って何?この問題では、『長さ』には2種類あるよね?」と更に僕が指摘すると、「じゃあ、『3g』に当たるのは『テープ』!」などと彼は言います。

彼が訳の分からないことを言うのは、問題文中の「の」を区別できていないからです。

「青色のテープの長さの何倍ですか」という部分には、3つの「の」が含まれています。「青色のテープ」の「の」は、「青色」と「テープ」を結びつける連体修飾格です。すなわち、「青色のテープ」で意味としてひとかたまりです。

同様に、「テープの長さ」の「の」は、「テープ」と「長さ」を結びつける連体修飾格です。「長さの何倍」の「の」は、「長さ」と「何倍」を結びつける連体修飾格です。

こうして「の」の働きに注目すると、「青色のテープの長さ」がひとかたまりとなって「何倍」を修飾していると分かります。したがって、「3gの2倍」の「3g」に当たるのは「青色のテープの長さ」です。

以上のような小難しい文法を小学生に理解させたいわけではありません。しかし、「青色のテープの長さ」がひとかたまりだということくらい感覚的に分かってほしいのですが、それすら分からない生徒たちが多いのが現実です。

バカを量産する日本の国語教育

冒頭の問題で「の」を区別できない生徒には、別の視点を教えます。

「『倍』の前にある『の』と、その『の』に一番近いところにある『は』に丸を付けて。今丸を付けた『は』と『の』の間に挟まっている言葉が『3g』に当たる言葉だよ」

これで、混乱気味の生徒は、「黄色のテープの長さ、青色のテープの長さ何倍ですか」が「6g3g2倍です」と同じ文構造であると分かります。

「青色のテープの長さを1にすると……」などいう割合の概念の説明は、日本語をきちんと使いこなせる生徒に対して行なわれるべきです。しかし、公立小学校に通う小学生たち、もっといえば、公立中学校に通う中学生たちも含む義務教育課程の生徒たちの多くは、そもそも日本語を使いこなせていません。そんな彼らは、算数や数学の概念をいくら説明されたところで理解できるわけがないのです。

これは、「数学で方程式を作れない」「英語で主述関係や時制を理解できない」「理科や社会の説明文を読み取れない」など、勉強全般における「できない」の根本にある大問題です。しかし、その大問題を放置して、「このとき『ごん』はどんな気持ちだったのでしょうか?」などと文学鑑賞をしているのが日本の国語教育です。まさに、バカを量産するための国語教育です。

日本の学校で行われている国語教育に期待できない以上、民間教育の担い手である僕たちが日本語のルールを生徒たちに教えていく必要がある、と思っています。

トップ画像=フリー写真素材ぱくたそ / モデル=ゆうき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です