授業中に話しかけられたらどうする?悪意無き加害者から身を守る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく戦略室

中学生のA君は、授業中に先生から私語を注意されました。

彼の話をよくよく聞いてみると、彼が積極的に私語をしているわけではないみたいです。後ろの席のB君に話しかけられ、それに応じたところを先生に注意された、といいます。

一方、話しかけたB君の方はおとがめなし。話しかけられたA君だけが損をしました。

このような場合、A君はどうすべきだったのでしょうか?

広告

悪意無き加害者とは?

大人の世界でも子どもの世界でも、損な役回りを務める人は必ずいます。彼らが損をする理由は、悪意無き加害者に応じてしまうからです。

悪意無き加害者とは、誰かに危害を加えようという意志は無いにもかかわらず、他人を巻き込んでその他人に迷惑をかけてしまう人のことです。

彼らは、犠牲になった人を尻目に、「自分が酷い目に合わなくて良かった」と胸をなで下ろします。そこに、「自分が他人に迷惑をかけた」という意識はありません。彼らは、自らの意志とは関係なく、他人の犠牲の上に自分の安全を築く人種なのです。

世の中には、「誰かに危害を加えてやろう」という悪人は多くありません。それでもトラブルが頻発するのは、悪意無き加害者が原因です。

悪意無き加害者は、悪意が無い分、誰かに責められたり制裁を受けたりすることはありません。一方、そこで生じた損害は、彼らに応じたお人好しが埋め合わせることになります。

悪意無き加害者から身を守る義務

A君の例でいえば、B君が悪意無き加害者で、A君はB君の被害者です。理不尽といえばこれ以上の理不尽はありません。

しかし、そんなA君に対して、僕は「君が悪い」と注意します。実際には、次のような説教をしました。

話しかけられたからといって、それに応じる君が悪い。B君は悪気があるわけじゃないけど、結果として君に損害を与えた加害者だ。そして、世の中には、B君のような人間がたくさんいて、君みたいなお人好しがそういう人たちの尻拭いをさせられる。これからも、そんな尻拭いばかりしたいのか?

実際に悪いのはB君ですが、A君にも非があります。なぜなら、A君は悪意無き加害者から自分の身を守ろうとしなかったからです。

悪意無き加害者は自然災害と同じです。地震や台風などの被害を受けた人は気の毒です。しかし、本来なすべき自衛策を講じず、自ら被害を拡大させた人は自業自得。それと同じことがA君にもいえます。

B君に話しかけられたA君は、次のいずれかの態度をとることができます。

1. 自分の身を守るためにB君を無視する。

2.今後のことを考えてB君を注意する。

3. B君は友達だからという理由でB君に応じる。

A君が取るべき行動はどれが一番適切だったのでしょうか?

最も無難なのは1です。無視しているA君にしつこくB君が話しかければ、さすがに先生もB君を注意するはずです。

2は、どちらが悪いのかが先生にはっきり分かるように、見せ方も工夫して行わなければなりません。安易にB君に応じてしまうA君に、そんな工夫ができるとは思えません。

そして、最悪の選択肢が3です。自然災害にたとえるならば、竜巻の中に突っ込んでいったり、氾濫した川を見に行ったりするようなものです。そんなバカなことをすれば、先生に注意されて当たり前です。

悪意無き加害者から身を守る義務を負うのはA君の方です。

授業中に話しかけられたらどうする?

世の中の人たちは、善人と悪人にはっきり二分されるわけではありません。そして、多くのトラブルは、善人と悪人の中間にいる人たち、すなわち悪意無き加害者たちが引き起こしています。

彼らに巻き込まれないための最良の方法は無視です。「友達だから」などと余計なことを考えずに、徹底的に無視すればいいのです。

A君に話しかけたB君は、A君が注意されているかげで、「自分が注意されなくてよかった」とほくそ笑んでいたはずです。もちろん、B君に悪意は全くありません。

そういう状況をA君が甘んじて受け入れるつもりなら別に構いません。しかし、彼はそのことを不服に思っていました。それならば、A君は、授業中にB君から話しかけられても無視すべきだったのです。

トップ画像=フリー写真素材ぱくたそ / モデル=大川竜弥 Lala

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です