指示を守らない生徒の問題点~能力が高くても成績不振になる理由~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

生徒が僕の指示通りに行動しないとき、僕はその生徒を厳しく叱責します。

「ノートに解きなさい」と僕が指示したのに、生徒が問題集に直接答を書き込んだ場合。「宿題はP10をやってきなさい」と僕が指示したのに、生徒がP11をやってきた場合。「xの値を答えて」と僕が指示したのに、「y=3です」と生徒が答えた場合。などなど。

僕の指示に従わない生徒が目的に適った結果を出せたとしても、「どうして君は僕の指示を守らなかったの?」と僕は問い詰めます。僕がこのようなことをする理由を説明します。

生徒が指示を守らない理由

生徒が指示を守らない理由は、主に以下の3つです。

1. 他人の話を聞いていなかった。

2. 何を指示されているのか理解できなかった。

3. 指示を理解できたが、自分の考えで動いた。

1や2は、指示を「守らない」のではなく、「守れない」です。ありがちな話ですが、本記事では触れません。僕が特に問題と考えるのは3です。

我流で物事に取り組もうとする生徒たち

3のタイプの生徒は、地頭が良い場合が多いです。一方で、なかなか成績が上がりません。成績不振は、指導者の指示に従わないことが原因です(ここでいう「指導者」は、先生や保護者などの人間だけでなく、教科書や参考書等の解説も含むと考えてください。)。

3のタイプの生徒たちは、指示を無視して、我流で物事に取り組もうとします。

「自分のやり方の方が合っているから」

「自分のやり方の方が簡単そうだから」

「自分のやり方の方が優れているから」

彼らは「自分のやり方が絶対に正しい」と思い込み、間違っていてもそれにこだわります。さんざん時間と労力を費やした挙句、「分かんない」と混乱をきたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です