ワーク提出で最高評価をGET!平常点アップのための「見せ方」5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

中学校では、定期テストの前後にワークを提出します。このワーク提出は平常点に関わります。したがって、内申点をアップさせたい生徒は、定期テストの結果とは別に、ワーク提出でも最高評価が必要です。

ここ最近、僕は生徒たちのワークを細かくチェックしています。その結果、最高評価をもらえるワークとそうでないワークの違いが段々と分かってきました。このことをふまえて、本記事では、ワーク提出で最高評価をもらうための「見せ方」を5つ紹介します。

【その1】解答だけでなく解説も写す

ワークに空欄があったり、丸付けをしていなかったり、字が汚くて読めなかったりするのは論外です。そうしたワークは最低評価になります。

しかし、数学のワークに多いのですが、読める字でワークを埋めているにもかかわらず、最高評価をもらえない場合があります。これは、分からない問題について解答だけ写しているからです。答を赤ペンで写す場合は、解答だけでなく解説も写す必要があります。

確かに、長々と解説や途中式が書かれていると、「写すのがめんどくさい」と思ってしまいます。しかし、「めんどくさい」という気持ちをグッとこらえて、解説や途中式も書いて、ワークから空白を無くしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です