【都立高校入試社会対策】略地図や表から国を特定する問題の対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく戦略室

都立高校入試社会の大問2は世界地理です。中でも、[問2][問3]は、産業を中心とする各国の特色に関する問題です。

本記事では、平成27年度の大問2[問2][問3]の解説を通して、世界地理分野の傾向と対策を考えます。

広告

表から国を特定する

平成27年度の大問2[問2]は、次の問題でした。

下の表のア~エは、2012年における日本の鉄鋼輸出額の上位4か国である大韓民国、中華人民共和国、タイ、アメリカ合衆国のいずれかの国の、1985年と2010年における化学繊維生産量、自動車生産台数、鉄鋼生産量、日本の輸入額の上位3位の品目を示したものである。大韓民国に当てはまるのは、下の表のア~エのうちのどれか。
みみずく戦略室

2010年における日本の輸入額の上位3位の品目からそれぞれの国を判断していきます。

まずは、「天然ゴム」といえば東南アジアです。特定の農産物の輸出に頼るモノカルチャー経済に支えられている東南アジアの国々には、天然ゴムやコーヒー、油やし、バナナなどの大規模な農園(プランテーション)が見られます。したがって、ウはタイです。

次に、「とうもろこし」といえばアメリカ合衆国です。アメリカ人はポップコーンをムシャムシャ食べているイメージがありませんか?そのポップコーンの原料がとうもろこしです。したがって、イはアメリカ合衆国です。

最後に、2010年も日本に衣類を大量に輸出し続けている国は中国です。安い衣類のタグを見ると「MADE IN CHINA」が多いですよね?したがって、エが中華人民共和国です。

消去法でアが大韓民国です。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です