【都立高校入試社会対策】気候帯と雨温図から世界地理を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく戦略室

都立高校入試社会の大問2は世界地理です。中でも、[問1]では、各国の気候帯と雨温図に関する問題が出題されています。

問題となる国々はマニアックな場合もありますが、求められるのは細かい知識ではありません。中学地理の最初で学ぶレベルの大まかな知識があれば解けます。

本記事では、大問2[問1]に焦点を当てて解説します。

気候帯と雨温図

大問2[問1]では、気候帯や雨温図に関する問題が頻出です。

気候帯は、熱帯、乾燥帯、温帯、冷帯・寒帯が重要です。アンデス山脈などの高地の特色も押さえておきましょう。

また、雨温図も大切です。雨温図とは、降水量と気温を一緒に描いたグラフです。降水量を棒グラフ、気温を折れ線グラフで表すのが普通です。気候帯ごとに雨温図の特徴や北半球と南半球の違いを理解します。

気候帯と雨温図から各地域の特色を整理しました。

・熱帯:赤道付近 → 年平均気温が高い。

・乾燥帯:主にアフリカ北部のサハラ砂漠周辺やアラビア半島 → 年間降水量が少ない。気温が大きく変動する。

・温帯:北半球の真ん中あたり → 気温の変化(折れ線グラフの形)が日本の本州と似ている。

・冷帯・寒帯:北半球の北 → 年平均気温が最も低い。

・高地:主に南アメリカ大陸の西側 → 年平均気温が低い。

・南半球:オーストラリアや南アメリカ大陸 → 6月頃に気温が低い。

次のページでは、実際に過去問を解いてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です