【都立高校入試社会対策】近現代史はストーリー仕立てで理解しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく戦略室

都立高校入試社会の歴史分野では、近現代史が必ず出題されます。そのため、明治維新から第二次世界大戦前までの近代と、第二次世界大戦後の現代に起こった重要な事件を時代順に理解する必要があります。

実際に27年度の大問3の[問4]を見てみましょう。

「国際関係の変化が我が国の食生活にも大きな影響を与える中で 政府は国民の食生活に大きく関わるようになった。」とあるが 次のA~Dは、明治時代から現代にかけての食生活に関連した出来事、政府と国民の食生活との関わりについて述べたものである。時期の古いものから順に記号を並べてあるのは、下のア~エのうちのどれか。

A 国際社会に復帰する中で、高度経済成長による所得水準の向上によって、食の洋風化が進み、米が生産過剰となったため、政府は、米の減反政策を行った。

B 日米間の貿易摩擦が拡大する中で、我が国の農産物輸入自由化が求められ、政府は、牛肉やオレンジ、小麦などを自由化した。

C 世界恐慌による深刻な不況と、豊作に伴う農産物価格の暴落及び都市の失業者の流入により、政府は、生活が苦しくなった家庭の児童を救済するため学校給食を奨励した。

D 欧米の文化が取り入れられ、都市を中心に伝統的な生活様式が変化し始める文明開化の中で、政府は、牛肉を取り扱う業者に営業許可証を与えた。

ア C→D→B→A イ B→A→C→D ウ D→C→B→A エ D→C→A→B

「日本の食生活の歴史なんて知らない」と諦めてはいけません。「食生活の歴史」というマニアックな知識は不要です!!

というわけで、都立高校入試社会の近現代史対策を紹介します。

広告

時代を表すキーワードを抜き出す

27年度の大問3[問4]でも、各選択肢について、時代を表すキーワードを抜き出しましょう。食生活に関連する記述は無視!

A → 国際社会に復帰、高度経済成長

B → 日米間の貿易摩擦

C → 世界恐慌

D → 文明開化

Dの「文明開化」は明治維新関連のキーワードです。そのため、Dが先頭に来ます。次に、Cの「世界恐慌」は、第二次世界大戦勃発の原因ですね。というわけで、“D→C”という順番が決定し、ウかエが正解の候補として残ります。

最後に、AとBを比べます。Aの「国際社会に復帰」というのは、第二次世界大戦の敗戦国である日本が、1951年、サンフランシスコ平和条約を締結して独立を回復したことですね。そして、独立国となった日本がアメリカとガシガシ貿易を行なったら、いつの間にかアメリカが貿易赤字になっちゃった!というのがBです。ここで“A→B”の順番が確定します。

以上より、正解はエです。

近現代史はストーリー仕立てで

近現代史では、歴史的な出来事がたくさん登場します。それらの年号を暗記してもいいのですが、そんな面倒で詰まらないことをするよりも、ストーリー仕立てで出来事の流れを覚えた方が得策です。

「ストーリー仕立て」というのは、出来事の因果関係をはっきりさせることです。たとえば、27年度の大問3[問4]ならば、次のように考えます。

日本は欧米列強に追いつきたくて、明治維新後は帝国主義で突き進む(D)

→帝国主義の結果、数々の戦争に参加(C)

→調子に乗っていたら第二次世界大戦で惨敗

→敗戦国として苦労するが、サンフランシスコ平和条約でようやく国際社会に復帰(A)

→独立国として頑張っていたら、いつの間にかアメリカに貿易で勝っていた(B)

こんな感じでザックリとストーリーを頭の中に思い浮かべられれば、出来事の並べ替えも恐れるに足りません!!

戦後経済史は頻出

近現代史は世界史とも絡みます。

また、都立高校入試社会では、戦後経済史が頻出分野です。「高度経済成長」「朝鮮特需」「バブル崩壊」「リーマン・ショック」など、経済に関するキーワードを要暗記です。

近現代史は、現代の日本社会や世界情勢を考える上でとても大切です。近現代史の勉強を通して、新聞やニュースを正しく理解するための教養を身に付けましょう。

トップ画像=Pixabay

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です