イカの血は何色?~生物の分類から金属の酸化までを関連付ける~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

ある中学の入試問題の理科で、次の問題が出題されました。

ヒトの血液の色と同じ色ではない生物を、次のア~エの中から1つ選び、記号で答えなさい。

ア.ニワトリ   イ.マムシ   ウ.カツオ   エ.スルメイカ

本記事では、この問題で問われている「イカの血の色」から話を広げていきます。

広告

イカの血は何色?

雑学豊富な受験生ならば「エ」と即答できるでしょう。なぜなら、イカの血は青色だからです。

では、「イカの血は青色」と知らない受験生はどうすべきでしょうか?

ここで生物の分類に関する知識が生きてきます。

ニワトリは鳥類、マムシはハ虫類、カツオは魚類です。これらの生物は全て、ホ乳類であるヒトと同じせきつい動物に分類されます。一方、スルメイカはせきつい動物ではなく軟体動物です。

せきつい動物は、背骨を中心とした骨格を持ちます。ニワトリやカツオの骨は、食卓でも目にする機会があるでしょう。ヘビもクネクネしていますが、立派な骨を持っています。一方、軟体動物には骨格がありません。ただ、太くて硬い骨が無いだけで、軟骨はあります。

このように選択肢を分類すると、スルメイカだけが仲間外れです。したがって、「スルメイカの血は赤くないのだろう」と推測してエを選べるはずです。

一見すると「全く知らない」ことを問われた場合でも、頭の中にある知識を総動員して、何らかの理屈に基づいて考えることが大切です。

イカの血が青いのはどうして?

正解を選ぶだけなら簡単ですが、動物の血の色について、もう少し考えましょう。

そもそも、せきつい動物の血が赤いのはどうしてでしょうか?

せきつい動物の血には、血液中の赤血球にヘモグロビンが含まれています。ヘモグロビンは酸素を運ぶ役割を担います。このとき酸素と結びつくのが鉄です(血を舐めると鉄の味がしますよね?)。鉄は酸素と結びつくと赤くさびます。せきつい動物の血が赤いのは、ヘモグロビンの鉄がさびて赤くなっているからです。

一方、軟体動物の血には、ヘモシアニンが含まれています。ヘモシアニンもヘモグロビンと同じく酸素を運びますが、ヘモグロビンと違って銅を含みます。銅は酸素と結びつくと青くさびます。軟体動物の血が青いのは、ヘモシアニンの銅がさびて青くなっているからです。

ちなみに、イカやタコなどの軟体動物だけでなく、エビやカニなどの節足動物も血の色は青です。また、ホヤの血液には、バナジウムを含むヘモバナジンが流れているため、色は緑です。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です