【星座と方角】地球の位置と星座が見える方角との関係を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

中学受験や高校受験の理科で難しいのが天体分野です。この天体分野のうち、地球の位置と星座が見える方角との関係について解説します。

次の問題を考えましょう。

下の図は、地球が太陽の周りを公転している様子を表したものである。これについて、あとの問いに答えなさい。

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

(1) Aの位置に地球があるとき、午前6時ごろの東京では、おうし座はどの方角に見えますか。

(2) Cの位置に地球があるとき、真夜中の東京では、東の空にどの星座が見えますか。

広告

星座と方角の関係を考える

星座と方角の関係について考える場合、問題で与えられた図を次のように描き直すと分かりやすくなります。

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

これは、北極の方向から地球の公転軌道を見下ろした図です。また、地球を表す円で灰色の部分は、太陽光が当たらない時間帯、すなわち夜の時間帯を表しています。(この図では地軸の傾きを無視しているため、昼と夜の長さが均等です。正確性には欠けますが、こちらの方が視覚的に分かりやすくなります。)

この図を見ながら、(1)と(2)を解いていきます。

おうし座が見える方角

Aの図だけを抜き出して、次のように書き込みます。

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

東京(日本)は北半球にあります。そのため、地球の自転によって、東京(日本)は上図の緑の円上を動きます。また、北極側から地球を眺めた場合、自転の向きは反時計回りです。

これらの情報をもとに、まずは東京(日本)の時間帯を上図に書き込みましょう。

次に、午前6時の東京の位置に東西南北を書き込みましょう。北極の方角を北にして、南・東・西を判断します。

以上の書き込みが終わると、図は次のようになっているはずです。

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

この図から、おうし座が見える方角が西だと分かります。

真夜中の東の空に見える星座

(2)を考える場合も、(1)と同様にしてCを描きます。「真夜中」とは「午後12時(午前0時)」のことです。

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

問題で与えられた図から東の方角を確認すると、みずがめ座が見えると分かります。

図を描いて論理的に考える

冒頭の問題は、一見すると難しそうですが、論理的に考えれば必ず正解できます。パッと見で「分からない」と諦めて適当に答を書くのではなく、きちんと図を描いて理解することが天体分野では大切です。

トップ画像=Pixabay

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です