「ばねののび」と「ばねの長さ」の違い?比例計算の前に用語の区別を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

ばねの計算問題にチャレンジ

前ページで用語の区別ができたところで、実際にばねの問題を解いてみましょう。

いろいろな重さのおもりをばねにつるし、ばねの長さを調べた。下のグラフは、その結果を表している。次の各問に答えよ。

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

(1) このばねに60gのおもりをつるすと、ばねののびは何cmになるか。

(2) このばねに150gのおもりをつるすと、ばねの長さは何cmになるか。

(1)では、「ばねののび」を答える必要があります。“ばねののび=ばねの長さ-もとの長さ”です。

グラフから、「ばねの長さ」と「もとの長さ」を求めます。おもりの質量が0gのときのばねの長さがもとの長さなので、もとの長さは4cmです(縦の目盛りは2cm間隔)。また、60gのおもりをつるしたときのばねの長さは10cmです(横の目盛りは20g間隔)。したがって、10cm-4cm=6cmが答です。

(2)では、「ばねの長さ」を答える必要があります。ばねの長さは比例計算で求められないので、まずは、ばねののびを比例計算で求めます。

150gのおもりをつるしたときのばねののびxcmは、次の比例式から計算できます。

x:6=150:60((1)の答を利用)

x=6×150÷60=15(cm)

“ばねの長さ=もとの長さ+ばねののび”なので、150gのおもりをつるしたときのばねの長さは4cm+15cm=19cmです。

(1)も(2)も、「ばねののび」と「ばねの長さ」を区別できていれば簡単ですね。ばねの計算問題が苦手ならば、まずは用語をきちんと区別して覚えましょう。

トップ画像=Pixabay

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です