「自分の頭で考えなさい!」は子どもがバカになる最低最悪の言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく戦略室

最近の子どもたちを観察していると、困った傾向が共通して見られます。それは、何も参考にしないで考え込むという傾向です。彼らは、問題文を読めば書いてあることやノートに書き取らせたことなどを一切見ないで、解答欄や自分の手元を凝視したままフリーズします。「バカの考え休むに似たり」の状態に陥っているのです。

彼らが「バカの考え休むに似たり」になってしまうのはなぜでしょうか?分からないことに出会ったら、書籍などを参照しながら情報を集める、という当たり前のことを知らないからです。

では、どうして彼らは当たり前のことができないのでしょうか?その原因は、社会全体が「自分の頭で考えなさい!」というメッセージを発していることにあると僕は思っています。

広告

自分の頭で正しく考えるのに必要な知識と技術

「自分の頭で考えなさい!」は、ある程度訓練を積んだ大人相手ならとても有効です。一方、同じことを子どもに指示すると、子どもは何もできなくなったり混乱したりします。というのも、子どもたちは、自分の頭で正しく考えられるだけの知識も技術も持っていないからです。

僕たち大人でも、初めて訪れる、言葉の通じない国に単身で放り出され、「自分の頭で考えて生活していきなさい」と言われれば、途方に暮れるでしょう。未熟な小中学生に「自分の頭で考えなさい!」と言うのは、これと同じくらい過酷なことです。

それにもかかわらず、社会全体が「自分の頭で考えなさい!」を連呼するのは、「オリジナリティーあふれる人間が国際社会で生き残れる」などという、ビジネスの「常識」に人々が毒されているからです。グローバル化した世界で競争し「勝者」となりたければ、確かにオリジナリティーが大切でしょう。しかし、オリジナリティーの土台となるのは、先人たちが積み上げてきた知識であり、与えられた情報を上手く利用する技術です。それらをすっ飛ばしていきなり自分の頭で考えたところで、オリジナリティーはおろか、猿真似すらできません。

オリジナリティーがどうこうの前に、基礎基本である知識や技術の習得が先決です。しかし、現在の日本は、知識や技術の習得に力を入れてきた従来の教育へのアンチテーゼから、「詰め込み教育は悪だ」「子どもの自主性を尊重しろ」などの思想のもと、義務教育課程にまで「アクティブ・ラーニング」や「ICT教育」などの胡散臭い手法が取り入れられようとしています。「時代の最先端」に飛びつく国の教育方針は、「自分の頭で考えなさい!」という社会のメッセージを強める役割を果たします。結果として、いたずらに子どもたちを混乱させ、ひいては国力の衰退につながる、と思うのは僕だけでしょうか?

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です