日本語力が未熟だとどうなる?「読解力がピンチ」の記事から考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

最近、小中高生の読解力が低いことについてしばしばニュースになります。

2017年11月7日には、朝日新聞が「教科書の文章、理解できる? 中高生の読解力がピンチ」という記事を公開しました。記事内容は、国立情報学研究所の新井紀子教授たちの研究グループが「リーディングスキルテスト」を使って調査した結果、教科書や新聞記事のレベルの文章を理解できない中高生が多くいることが分かった、というものです。この調査では、「割合に関する文章を円グラフ化することができない」「文の主述関係を正確に把握できない」といった、中高生の読解力に関する問題が明らかになりました。

国立情報学研究所の調査結果を見るまでもなく、家庭教師として生徒たちと接している僕は、子どもたちの読解力が低いことに危機感を抱いていました。同時に、「このままではダメだ」と警鐘を鳴らしてきました。

本記事では、こうした問題が学習や日常生活にどう影響するのかを、家庭教師の僕が自らの指導経験に基づいて考察します。

広告

助詞や助動詞を適切に使えない

上記の「リーディングスキルテスト」には、「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」と「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」が同じ意味かどうかを問う設問がありました。正解は「異なる」。というのも、「幕府は大名に命じた」は「幕府は大名から命じられた」に言いかえられないからです。

この設問で不正解だったのは、中学生の42%、高校生の27%。彼らは、「~する」(能動)を「~される」(受動)に書きかえるスキルが未熟なのでしょう。これは、「てにをは」などの助詞や「です・ます」などの助動詞を適切に使えないことが原因だと考えられます。

助詞や助動詞を適切に使えないと、学習のあらゆる面で困難を来します。たとえば、算数(数学)では、「7を9で割る」と「7で9を割る」は異なります。「7を9で割る」は「7÷9」で、「7で9を割る」は「9÷7」です。「を」と「で」を区別できない生徒は、「どっちをどっちで割るんだっけ?」と悩んで、適当に計算式を作ってしまいます。

また、英語でも、「トムとボブは野球をします。」と「トムはボブと野球をします。」は異なる英文になります。「トムとボブは野球をします。」は“Tom and Bob play baseball.”で、「トムはボブと野球をします。」は“Tom plays baseball with Bob.”です。前者の主語は「トムとボブは」(複数)なのでplayは原形ですが、後者の主語は「トムは」(三人称単数)なのでplayに三単現のsがついてplaysになります。さらに、「トムとボブは野球をしました。」だと、「しました」からplayがplayed(過去形)になります。英語が苦手な生徒たちの多くは、日本語の助詞や助動詞に意識が向かないため、英訳で混乱します。

日本語は語順によって文意が変わる言語ではありません。そのため、助詞や助動詞が文意を決める上で重要な役割を果たします。こうした日本語の特徴を理解できない「雑な」生徒は、頑張っているのに成績が上がらないという壁にぶつかります。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です