入試の長文化傾向と情報処理能力~「精読」や「読解力」は時代遅れ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

毎年、入試が終わると、塾や予備校が講評を出します。それらを読んでいると、最近、「長文化傾向」という言葉が特に目に付きます。

長文化傾向は、国語や英語の入試で顕著ですが、理科や社会でも実験解説の文章や選択肢が長くなっています。これは、中学入試から大学入試、更には資格試験にでも同様です。

本記事では、入試における長文化傾向について考察します。

精読が重要か?速読が重要か?

国語や英語の指導者間では、「精読が重要か?速読が重要か?」という対立がしばしば見られます。精読派にも速読派にも言い分があり、どちらが正しいとは一概に言えないように思います。

僕の立場としては、以前から一貫して精読派です。「一文一文を正確に読めなければ、そもそも速く正確に読めない」と考えるからです。しかし、僕の精読に対する姿勢は、一般的な精読派とは違います。

市販の参考書や塾・予備校の指導では、「精読」は「文章全体の完璧な理解」を指すようです。現代文であれば、本文を丁寧に図解します。古文であれば、全ての文を品詞分解します。英語であれば、全ての英文にSVなどを書き込みます。こういうことを最初で行った上で、各設問の解説に入っていくのが一般的です。

確かに、基礎レベルの授業ならば、こうした丁寧な精読は有効でしょう。しかし、入試問題の演習段階でまで、丁寧な精読は必要ないと考えます。そのため、僕が「精読」として求めるのは、一般的な「精読」ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です