【背景知識と現代文読解】国語指導で芸術論や文化論を重視すべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

現代文の読解に関して、多くの現代文指導者が「背景知識が必要」と言います。

背景知識とは、芸術論や文化論、科学論、自然論、哲学論、環境論など、現代文に頻出のテーマに関する一般的な知識のことです。環境論ならば、二酸化炭素排出に伴う地球温暖化の仕組み、二酸化炭素排出規制をめぐる先進国と発展途上国の対立、環境哲学の論点など、一般常識からややツッコんだ知識までを指しているようです。

しかし、現代文の読解問題を解く上で、たくさんの背景知識がそもそも必要なのでしょうか?

この疑問について、長年国語を指導してきた僕の見解を述べたいと思います。

背景知識が無いと問題を解けない?

多くの参考書類(指導者)では、現代文読解における背景知識の重要性を説きます。そして、それらの参考書に呼応する形で、現代文キーワード集の類もたくさん出版されています。現代文キーワード集は、英語や古典の単語帳とは異なり、背景知識の解説にも力を入れています。

こうした現状から、「背景知識が無いと現代文の問題は解けないんだろうな」と思ってしまう生徒も多いようですね。

背景知識が無くとも解ける現代文

確かに、芸術論や文化論、科学論、自然論、哲学論、環境論など、背景知識を備えていた方が本文をスムーズに読解できるのは間違いありません。しかし、背景知識が無ければ問題を解けないわけではありません。

現代文の問題は、背景知識が無くとも解けるようにできています。本文が哲学の話題であっても、「哲学?何それ?」という人が読んで分かるレベルの文章が選ばれます。本文をきちんと読みさえすれば、一般的な哲学については理解できなくとも、筆者の考える「哲学」についてはある程度理解できるはずです。そうでなければ、「現代文」という試験科目なのに他分野の知識で差がつく悪問になります。

センター試験国語に出題された小林秀雄「鍔」

最近のセンター試験国語では、背景知識を活かせない文章をあえて採用しているようにすら感じられます。

2013年のセンター試験国語では、小林秀雄「鍔」が出題されて大ブーイングでした。「刀の鍔って美しいよね」という小林秀雄の主観丸出しの随筆で、文化論や芸術論の一般的な知識は一切通用しません。読みやすい文章でないのも確かです。

だからといって、「悪文(悪問)だった」という批判は的外れだと僕は思います。本文をきちんと読んで素直に考えれば普通に解ける問題でした。実際、僕の教えたことを忠実に守っていた生徒たちは、満点か一問ミスの得点でしたよ。

一方で、「背景知識が云々」と言っている受験生たちが、「鍔って何?知らないんだけど!!」とパニックに陥ったのではないでしょうか?

小林秀雄「鍔」の出題は、背景知識とそれに基づく内容理解に偏った従来の国語指導に対して、大学教授たちが突き付けた「NO!」の意思表示だった、と僕は解釈しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です