「修飾」と「被修飾」、「連体修飾」と「連用修飾」を区別して覚える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

国語で文法を苦手とする生徒たちは、文法用語の理解が不正確で不十分です。本記事では、彼らが理解しやすいように、国文法における「修飾」について解説します。

広告

「修飾」と「被修飾」

「修飾」とは、他の言葉にかかって、その言葉に意味を付け加えたり、詳しく説明したりする働きのことです。

「他の言葉にかかる」という表現が分かりづらければ、「かかる」を「くっつく」と言いかえましょう。たとえば、「赤いリンゴ」は、「赤い」が「リンゴ」にかかる、といいます。

また、修飾語とは、他の文節を修飾する文節です。一方、被修飾語は、修飾語に修飾される文節です。そもそも「被」は「~される」という意味です。

「文節」と「単語」を区別する

「文節」とは、意味が分かる程度に細かく区切った言葉のまとまりです。「私は広い公園で遊んだ。」を文節に分けると、「私は/広い/公園で/遊んだ」です。これを更に単語レベルで分けると「私/は/広い/公園/で/遊ん/だ」になります。

文節と単語をきちんと区別しましょう。なぜなら、「修飾語」「被修飾語」などの「~語」について問われている場合、国文法では文節単位で考えなければならないからです。

「私は広い公園で遊んだ。」で「広い」に対する被修飾語は「公園で」です。「公園」という単語で答えると×になるので要注意です。

被修飾語を見つける

被修飾語の見つけ方を解説します。

「『●●』の被修飾語を答えなさい」もしくは「『●●』がかかる文節を答えなさい」という問題では、次のルールに従って被修飾語を判断します。

1. 修飾語とくっつけて自然な日本語となり、意味も通じる文節を探す。

2. 倒置でない限り、修飾語の後ろの文節から探す。

3. 2が複数ある場合、修飾語に近い位置にある方を答える。

これらのルールを具体的に確認しましょう。

「赤い帽子をかぶった男性が、リンゴの木の下に立っていた。」という文で、「赤い」の被修飾語を答えなさい。

1のルールに従って考えます。2のルールもふまえて、「赤い」に後ろの文節を次々とくっつけていきます。

・赤い帽子を → 自然な日本語&意味が通じる

・赤いかぶった → 不自然な日本語

・赤い男性が → 意味がおかしい

このように考えた結果、「赤い」の被修飾語が「帽子を」だと分かります。

しかし、次のようにも考えられます。

・赤いリンゴの → 自然な日本語&意味が通じる

こういう場合は、3のルールに従います。

「赤い」に近いのは「帽子を」の方です。したがって、「リンゴの」は却下します。

2のルールについてもう少し考えましょう。

「彼の家には、古い時計がある。」という文で、「古い」の被修飾語を答えなさい。

「古い」の被修飾語は、「家には」と「時計が」が考えられます。しかし、順序的な問題として、「古い」の前にある「家には」が「古い」の被修飾語になることはありません。したがって、「古い」の被修飾語は「時計が」です。

次のページでは、修飾の種類について解説します。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です