推薦入試の面接で大切なことは?面接官に好印象を与えるコツを伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

正月明けの1月から2月にかけて、全国の高校では推薦入試が行なわれます。高校によっては、推薦入試で面接を実施します。

本記事では面接のコツをお伝えします。ただし、入退室のマナーや面接時の姿勢などは割愛します。これら一般的なことについては、学校の先生に教えてもらうか、参考書などで確認してください。

広告

【面接のコツ1】細かい言葉遣いに執着しない

多くの受験生は、面接で聞かれそうなことに対する答を、事前に紙に書いておくと思います。そこまでは準備OK!

しかし、入念に準備した生徒が陥る落とし穴があります。それは、暗記した通りに話そうとして不自然な受け答えをしてしまう、という失敗です。よくあるパターンを見てみましょう。

・言葉を思い出そうとして視線が泳ぐ。

・一字一句正確に言おうとして言葉が途切れ途切れになる。

・ほんの少しの言い間違いでパニックになる。

・ちょっとした言い間違いをいちいち訂正しようとする。

たとえば、自分の書いたメモには「貴校について、私は~と思います」と書いてあります。しかし、面接官の前で「貴校について、私は~と考えます」と言ってしまいました。そこで受験生は言い直します。

「考えます……あっ、いえ、思います」

この言い直しに意味がありますか?意味はありませんよね?「思います」も「考えます」も同じです。

どうでもいいことを言い直していると、しどろもどろになってみっともないです。面接官にとっては聞き苦しいだけです。

受験生は、よほど間違ったことを言った場合以外は、細かい言葉遣いに執着しないようにしましょう。

【面接のコツ2】暗記した通りに話そうとしない

自分が通う中学校や志望する高校の教育目標などを聞かれることもあります。この場合も、受験生は、標語を暗記した通りに話そうとせず、自分の言葉に言い換えましょう。

具体例を1つ挙げますね。東京都立日比谷高校の教育目標は次の通りです。

自律的で個性豊かな、しかも調和のとれた人格を確立し、進んでものごとを実行していく態度を養う。

長い!(笑)

これを一生懸命丸暗記しなくていいですからね。もし、日比谷高校の面接官に「我が校の教育目標についてどう思いますか?」と聞かれたら、受験生は「自律性や個性を重視する貴校の教育目標に共感します」などと答えましょう。これで十分です!

面接は暗記の試験ではありませんからね。一字一句間違わずに教育目標を諳んじでもしかたありません。

受験生は、「暗記した!」という結果を見せるのではなく、志望校の教育目標を自分なりに解釈し、「それを高校生活にどうつなげるか?」をしっかり伝えてくださいね。日比谷高校の教育目標であれば、たとえば次のように答えてみてはいかが?

私は、「進んでものごとを実行していく」という貴校の教育目標に共感します。私の中学校は、古着をカンボジアに送るボランティアに取り組んでいます。これは、生徒会長だった私が自ら提案し行動に移したことがきっかけで始まったものです。積極的な行動は周囲も巻き込みます。高校でも、自ら進んでものごとを実行し、周りの人たちと新しいことに取り組んでいくつもりです。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です