短歌や俳句を作ろう!季語からイメージを膨らませる3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

小中学生の夏休みの宿題でしばしばお目にかかるのが短歌や俳句です。一般社団法人倫理研究所主催の「しきなみ子供短歌コンクール」などのコンクールに応募するため、子どもたちは短歌や俳句を強制的に作らされます。子どもたちからしたらいい迷惑です。

とはいえ、短歌は五七五七七の三十一字ですし、俳句に至っては五七五の十七字です。文字数が少ない分、読書感想文や人権作文などより楽だろう……と大人は思いがちですが、子どもたちにとっては一苦労です。

そんな悩める小中学生のために、短歌や俳句を作るコツを3ステップでお伝えします。

【Step1】季語を決める

俳句には、特定の季節と結びつく季語が必要です。そのため、俳句を作る場合は、最初に季語を決めてしまいます。

「季語なんて分からないよ」という場合は、学校で使っている国語の便覧を開きましょう。

原色シグマ新国語便覧―ビジュアル資料 (シグマベスト)

新品価格
¥905から
(2017/8/1 12:39時点)


便覧の索引で「季語」を探すと、季節ごとの季語がズラッと並んだページにたどり着けるはずです。便覧を持っていない生徒は、ネット上で「俳句 季語」と検索すれば、季語一覧のページがいくつもヒットします。これらのページから、気に入った季語を選べばOKです。

一方、短歌には季語が必要ありませんが、季節と絡めて作った方が楽です。したがって、短歌を作る場合も季語を決めることをお勧めします。

さて、夏休みの宿題だと、「夏」がテーマである場合がほとんどです。本記事では、「噴水」という夏の季語を使って、短歌と俳句を作ります。

【Step2】季語からのイメージを箇条書きする

【Step1】で決めた季語からイメージを膨らませていきます。その際、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どのように」「どうした」という5W1Hを箇条書きしていくといいでしょう。

季語からのイメージは、実体験でも創作でも構いません。とにかく思いついたことをどんどんメモしていきます。

たとえば、「噴水」という季語から、僕は、次のような場面をイメージしました。

・いつ … 真夏の昼間

・どこで … 公園の噴水

・誰が … 五歳くらいの子ども

・何をどのようにどうした … 勇気を出して、吹き上がる水をつかもうとしている

よくある公園の風景ですが、次のページでは、これを短歌と俳句に加工します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です