【自由研究】夏休みの宿題としてふさわしい観察や実験は何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

夏休みといえば大量の宿題!

そんな宿題の中でも特に厄介なのが、人権作文や読書感想文などの作文と自由研究です。そして、作文よりも自由研究の方が面倒です。自由研究には事前準備やレポート作成が必要だからです。

しかも、「●●の実験をしたい!」と思っても、劇薬を使うとか、顕微鏡やフラスコなどの実験器具を使うとか、理科室でしかできない実験はNG。身近なものを利用してできる実験しか生徒はできません。

というわけで、夏休みの宿題としてふさわしい自由研究を考えてみます。

広告

観察

一番簡単な自由研究は観察です。身近な生物や現象を見て記録し、レポートを書くだけです。何を観察すればいいのでしょうか?

植物の観察

観察の中で一番のオススメは植物です。

たとえば、家の周りの雑草を観察し、どういう場所にどういう種類の草が生えているか、を調べます。日向の土、日陰の土、花壇、アスファルトの亀裂など、条件の異なる土壌に生える植物を観察します。家の周りを見て回るだけなら1時間くらいで終わります。

観察結果をまとめるレポートには写真を添付するといいでしょう。とはいえ、写真を撮るとなると、カメラと印刷機器が必要です。これらが無い場合は、スケッチか押し花にします。押し花は、採取した植物を新聞紙などに挟み、その上に本などを積んでペッタンコにします。これをレポートに貼り付ければOKです。

虫の観察

虫の観察も簡単なのでオススメです。

田舎に住んでいると、田んぼや畑、山林にさまざまな虫がいます。

しかし、都会の街中では、ゴキブリやダンゴムシ、アリくらいしかいません。これらの害虫を観察するのは勇気がいりますね(笑)。そんな都会っ子でも、お盆休みに田舎に帰省するなら、昆虫採集をしてもいいかもしれません。

天気や星空の観察

天気や星空の観察は難度が高めです。毎日の観察が必要で、悪天候で上手く観察できないことがあるからです。また、気象や天体に関する知識がないと、レポートに考察を書けません。

気象や天体がよほど好きな生徒か、自分で勉強する意志のある生徒でなければ、天気や星空の観察はやめた方がいいでしょう。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です