「少ない宿題」で結果を出す!量をこなす「だけ」の作業から脱却する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

僕の指導方針は「宿題を大量に出さない」です。

学校の宿題や他の習い事との兼ね合いという生徒側の事情と貴重な指導時間を宿題チェックに費やしたくないという指導者側の事情から、宿題の量を少なめにしています。

そんな僕の指導方針について、多くの生徒や保護者が勘違いします。その勘違いとは、「少ない宿題=楽な宿題」というものです。しかし、ここではっきり言っておきます。

僕の出す「少ない宿題」は決して楽ではありません!!

「少ない宿題」は決して楽ではない

たとえば、英語の宿題を考えます。

大手進学塾に通う生徒たちは、1週間で文法問題集を5~6ページ解いてくるように指示されます。もちろん、そのページの中には、授業で解説された内容の応用問題も含まれます。

一方、僕が生徒に課す1週間分の宿題は、文法問題のプリント1枚(問題数20問)の暗記です。しかも、プリントに書いてある問題は、全て指導時に解説済みです。

「全て完璧に理解する」というハードル

大手塾の宿題と比較すると、僕の宿題は確かに楽そうです。しかし、量が少ないことをもって「楽勝!!」と考える短絡的思考の持ち主は、僕の要求水準の前にあえなく撃沈します。少ない宿題を通して僕が生徒に求めるのは次のことです。

・問題を見た瞬間、数秒で答を言えるようにする。

・解答の根拠を全て説明できるようにする。

・他の選択肢の不正解理由も説明できるようにする。

・各問題文の和訳を完璧にできるようにする。

僕は、次の指導時に、これらの観点から生徒の宿題をチェックします。生徒が1つでも、そしてたった1問でもできていない場合、僕は「宿題をやっていない」と判断します(そして、お説教が始まります(笑))。

となると、生徒たちは、僕の課した宿題を全て完璧に理解しなければなりません。が、この「全て完璧に理解する」が生徒にとってかなりキツイのです。たった20問でも1週間では覚えきれない、という事態が普通に起こり得ます。

大量の宿題は単なる「作業」

大量の宿題をただこなすだけなら楽です。

たとえば、「過去形」という単元の空欄補充問題を解くとします。「過去形」とある以上、空欄に入るのは動詞の過去形です。“ed”を付けるなり不規則変化させるなりして動詞を機械的に書き殴り、適当に丸付けすればあっという間に終わります。それを5ページやるわけですが、1ページ5分かかるとすれば、30分もあれば終わります。何も考えずに黙々と「作業」するだけですから、何も難しいことはありませんよね?

多くの大手進学塾は、「作業」を「宿題」と称して大量に課しているだけです。しかも、宿題を真面目にこなした生徒たちに対するきめ細やかなフォローもなく、「宿題をやったかどうか?」をチェックして終わり。

優秀な生徒たちは、管理が杜撰な「作業」からもいろいろ学びます。しかし、その他大勢の普通の生徒たちは、「作業」をこなすだけでいっぱいいっぱい。消化不良を起こして成績が低迷し、挙句の果てに志望校不合格となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です