【都立高校入試一週間前】受験本番までに何をすべきか?(社会編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

【更新情報】2017年8月29日更新

受験本番までの一週間に何をすべきかを科目ごとに紹介する記事の最終回は社会編です。

全体的に癖が強い都立高校入試の中で、最も癖が強いのが社会です。

「社会は暗記」という常識を覆す出題方針であるため、暗記を苦手とする受験生にとってはかえってありがたいはず。逆に、暗記で乗り切ろうとすると失敗する科目です。

そんな都立高校入試の社会では、何を覚えてどう問題を解いていけばいいのでしょうか?

広告

世界地理編

世界地理の勉強では、気候帯や雨温図、産業など、各地域(各国)の特徴を白地図にまとめましょう。

たとえば、熱帯に属する東南アジアの諸地域では、天然ゴムや油やしなどが代表的です。また、これらの農産物はプランテーションで栽培されます。したがって、白地図の東南アジアのところには、「熱帯」「天然ゴム」「油やし」「プランテーション」などと書き込みます。

詳しくは、以下の記事を参照してください。

【都立高校入試社会対策】気候帯と雨温図から世界地理を考える

【都立高校入試社会対策】略地図や表から国を特定する問題の対策

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です