センター試験当日の飲食物は?受験生を襲う腹痛・尿意・睡魔の撃退法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

センター試験は、2日間かけて実施される長丁場の試験です。各科目の試験の間に約1時間の休憩時間があります。受験生は、その休憩時間を使って、昼食を摂ったり飲み物を飲んだりします。

本記事では、センター試験における食事や水分補給の注意事項をお伝えします。ただし、「脳科学的に何々を食べるといい」といった怪しい情報はありません。あくまでも、一般的な注意事項です。

腹痛や尿意は受験生の天敵

トイレ通いの多い生徒たちがいます。彼らは、2時間の指導で2回から3回もトイレに行きます。頻尿や過敏性腸症候群などの病気なのかもしれません。

しかし、腹痛や尿意の原因のほとんどは食べ過ぎや飲み過ぎにあります。たとえば、ペットボトル飲料を大量に飲んだら、膀胱がパンパンになって、トイレが近くなるのは当たり前。普段からドリンクをガブ飲みする受験生は、センター試験当日、飲みたい欲求をこらえてください。

腹痛や尿意の原因は?

食べ過ぎや飲み過ぎでなくとも、腹痛や尿意の原因となりやすい飲食物があります。油っぽい食べ物とカフェインの入った飲み物です。それぞれの問題点を見てみましょう。

油っぽい食べ物

油っぽいラーメンを食べるとお腹が痛くなりませんか?

僕は、ラーメン屋でラーメンを食べると下痢をします。同じような症状は多くの人たちに見られるようです。

油すなわち脂肪は体内で分解されにくく、口から入ってそのまま大腸へ直行します。すると、大腸は、腸内の刺激物を早く排泄しようとして便意を催させます。また、酸化した油は特に危険です。使い回しの油で調理した食品や調理後しばらく経った食品は下痢を引き起こしやすいのです。

こうした事情から、油っぽい食べ物を試験当日に食べるのはNGです。「『受験で勝つ』からトンカツ!」などといって、トンカツやカツ丼を昼食にしてはいけません。また、酸化した油が怖いので、ポテトチップスなどのスナック菓子やファーストフードも我慢!

カフェインの入った飲み物

「眠気覚ましにコーヒーを飲む」という受験生は多いでしょう。普段の勉強ならそれでも構いません。しかし、センター試験当日はコーヒーを絶対飲まないように!

コーヒーに含まれるカフェインは、睡眠を誘発するアデノシンの働きを妨げます。そのため、カフェインを摂取すると、頭がスッキリして集中力が増します。カフェインの覚醒作用ですね。

一方、アデノシンは排便や排尿を抑制します。この抑制作用がカフェインに妨害されると、便意や尿意を催します。利便作用や利尿作用といわれるカフェインの効果です。

カフェインの利便作用や利尿作用は厄介です。試験時間中にお腹が痛くなったり、休憩時間に何度もトイレに行きたくなったり……。そうならないためにも、最初からコーヒーを飲まないことです。毎朝朝食でコーヒーを飲む受験生は、センター試験の日だけは控えるのが得策です。

カフェインを含有する飲み物はコーヒーだけではありません。紅茶やコーラ、栄養ドリンクなどもカフェインが多めです。センター試験の日は、これらの飲み物を飲まないことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です