【誤文訂正】英文の誤り箇所を指摘するのに役立つ着眼ポイント6つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

このページの目次

英文の誤り箇所を指摘する問題は「誤文訂正問題」と呼ばれます。この誤文訂正問題を攻略するために大切な6つの着眼ポイントを紹介します(題材は立正大学の過去問です)。

1. 品詞

品詞の使い分けに要注意です。

・可算名詞 / 不可算名詞

・代名詞の主格 / 所有格 / 目的格

・自動詞 / 他動詞

・形容詞 / 副詞

・前置詞 / 接続詞

【問1】I ①frequentgo to that ③fast food restaurant ④with my friends ⑤after class.

答は①です。

動詞の前にある①は、動詞を修飾する副詞でなければなりません。しかし、①の “frequent” は形容詞です。したがって、①を “frequently” (副詞)に訂正します。

【問2】The new ①piece of ②furnitureslooksgoodin the lobby.

答は②です。②の “furniture” は不可算名詞なので、複数形を表す “s” を付けることはできません。したがって、②を “furniture” に訂正します。

2. 主述関係

S(主語)とV(述語)の対応関係を検討します。

・三単現の s の有無

・意味上の主述関係(現在分詞 / 過去分詞)

【問3】①These people ②has been waitingfora long time ⑤to see the doctors.

答は②です。

主語が “These people” と複数形なので、主語が三人称単数のときに使う “has” は述語として不適です。したがって、②を “have been waiting ” に訂正します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です