【受動態の時制】受け身の文が時制や助動詞、主語の影響を受けると?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

高校英文法では、受動態(受け身)のさまざまな時制が登場します。英語が苦手な生徒たちはここで混乱します。彼らが悩む原因を分析し、受動態の時制について考えます。

広告

文法書が原因で混乱する生徒たち

まずは問題を見てみましょう。

次の文を下の指示に従って書き換えなさい。

This book is read by him.

(1) 過去形にしなさい。

(2) will を使って未来形にしなさい。

(3) 現在完了形にしなさい。

(4) 現在進行形にしなさい。

(5) 主語を These books にしなさい。

この問題で「あれぇ?」となってしまう生徒たちが多いんです。それもそのはず、ある文法書では、受動態のページに次のことが列記されています。

・未来のことは<will+be+過去分詞>

・進行形は<be動詞+being+過去分詞>

・完了形は<have been+過去分詞>

・<助動詞+be+過去分詞>

公式のようなものをズラズラ書き並べられたら、多くの生徒たちは「覚えきれない~」とパニックに陥ります。そんな彼らに受動態の時制を教える場合、ちょっとしたコツがあります。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です