英語は語順が命!不定詞の3用法から考える英語と日本語の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

“want”とto不定詞があれば「~したい」と訳すの?

先日、中学生のA君が英語の和訳で頭を抱えていました。A君は、次の2文の違いを理解できなかったのです。

1. I want to read books.
2. I want books to read.

1も2も使われている単語は同じです。一見すると、どちらも同じ和訳になるように思えます。そのため、A君は、どちらも「私は本を読みたい。」と訳しました。

確かに、“want”とto不定詞の組み合わせで「~したい」を表す熟語表現になります。ただし、こう訳すのはあくまでも“want to do”という形のときだけ。2は、“want”と“to”の間に“books”という名詞が入っているので、「~したい」という役にはなりません。

1と2の和訳の違いの根拠として、学校や塾では、不定詞の3用法を教えます。

不定詞の名詞的用法と形容詞的用法

中高生が英文法でつまずく関門として不定詞があります。不定詞は「to+動詞の原形」という非常に単純な文法事項です。しかし、和訳をする上では、名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法の3用法があります(「あります」というよりも、日本の英文法教育では3用法に分類されています)。この3用法で生徒たちが混乱します。

今回問題となるのは、不定詞の3用法のうち、名詞的用法と形容詞的用法です。先述の1,2の例文とともに、名詞的用法と形容詞的用法について考えてみましょう。

主語や目的語などの働きをする名詞的用法

1. I want to read books.

この英文のto不定詞は名詞的用法です。名詞的用法は、英文の主語や目的語などの働きをし、「~すること」と訳す不定詞です。

1の英文は、述語動詞が“want”です。“want”は、多くの場合他動詞として使用され、直後に「目的語」と呼ばれる名詞を置きます。たとえば、“I want you.”とは言いますが、“I want in you.”などとは言いません。“want”(動詞)と“you”(名詞)の間に余計なものを入れてはいけません。

“want”の後ろに、目的語として動詞を置きたい場合に不定詞が登場します。“want to do”の“to do”が「~することを」(目的語)になります。そのため、“want to do”は「~することを望む=~したい」と訳します。

したがって、1の英文は、「私は本を読みたい。」と和訳します。

名詞を修飾する形容詞的用法

2. I want books to read.

この英文のto不定詞は形容詞的用法です。形容詞的用法は、名詞を修飾する働きをし、「~するための」「~すべき」などと訳す不定詞です。

1の英文は、to不定詞の直前に名詞があります。後ろから前を修飾する後置修飾が英語の原則ですので、“to read”は“books”(名詞)を修飾すると考えます。

したがって、2の英文は、「私は、読むべき本が欲しい。」と和訳します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です