現在分詞と過去分詞の違い?形容詞的用法を意味上の主語から考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

中学3年の英語では分詞を扱います。

たとえば、三省堂『NEW CROWN3』では、形容詞的用法の分詞は次のように説明されています。

①動詞の-ing形

「~している…」という人やものを説明するとき

The girl playing tennis is Miki.

②過去分詞形

「~された…」と人やものを説明するとき

I have a book written by Natsume Soseki.

①や②の例文では、修飾される名詞(“The girl”)を後ろに修飾部(“playing tennis”)があります。このように、後ろから前の名詞を修飾することを後置修飾といいます。

「テニスをしている少女は美紀です。」と日本語で表す場合、「少女」という名詞を「テニスをしている」が前から修飾します。

一方、「テニスをしている少女は美紀です。」を英語にすると、“the girl”という名詞を “playing tennis”が後ろから修飾します。

修飾の順序が日本語と英語とで違うため、毎年、多くの中学生が混乱を来します。そして、分詞には、生徒を混乱させるトラップがもう一か所あります。それが現在分詞と過去分詞の使い分けです。

現在分詞と過去分詞の使い分け

現在分詞は動詞の-ing形です。

一方、過去分詞は、“write-wrote-written”の“written”の列です。規則変化の動詞では過去形と過去分詞は同じ形で、動詞の後ろに -ed を付ければ過去分詞になります。

現在分詞と過去分詞について、中学英語の範囲では曖昧にしか教わりません。しかし、高校英語では、下表のような使い分けを教わるはずです。

現在分詞 過去分詞
他動詞 能動「~する」 受動「~された」
自動詞 進行「~している」 完了「~し終わった」

この表をふまえて、生徒が混乱する問題を具体的に考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です