【速さの単位換算法】時速を分速に変換するとき60で割るのは何故?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

「速さ」の単元は、多くの小学生が苦手とします。というか、中高生ですら、苦手な生徒が多いという現実……。そんな「速さ」の単元でも特に嫌われるのが、次のような問題です。

【問題1】

時速288kmで進む電車があります。分速何kmですか。

この問題のどこが難しいのでしょうか?

どうして60で割ったの?

【問題1】で、生徒は次の計算をしました。

288÷60=4.8  A. 分速4.8km

答自体はこれでOK。しかし、僕は「どうして60で割ったの?」と生徒に質問します。

例えば、1時間を分に変換する場合、“1×60=60”で60分です。つまり、時間を分に直すときは60をかけます。

【問題1】は、時速を分速に変換する問題です。時間を分に変換するなら60をかけるべきではないのでしょうか?

ここで生徒は頭を抱えます。「どうして60で割ったの?」と聞かれると、自分の計算に自信が無くなるからです。適当に計算していたという証拠でもあります。

速さの変換≠時間の変換

【問題1】は速さの変換です。そもそも時間の変換とは考え方が異なります。では、何がどう異なるのでしょうか?

まずは、「速さ」の復習をしましょう。「時速」「分速」の定義は次の通りです。

・時速…1時間に進む道のりで表した速さ

・分速…1分間に進む道のりで表した速さ

これを踏まえて、【問題1】を考えます。「時速288km」は「1時間で288km進む」です。“1時間=60分”なので、「60分で288km進む」と言い換えられますね。一方、「分速何kmですか」も定義通りに考えれば、「1分間に何km進みますか?」と言い換えられます。

つまり、【問題1】は、「60分で288km進むなら、1分間で何km進みますか?」です。“60分÷60=1分”で時間が短くなれば、進む道のりも当然短くなります。したがって、比例の考え方から、“288kmも60で割る”わけです。

理屈をきちんと考えれば、「時速を分速に変換するときは60で割る」という“お約束”を丸暗記する必要はありません。

理屈で考える「速さ」の単位換算

では、次の問題はどうでしょうか?

【問題2】

【問題1】の答は、分速何mですか。

こちらの問題は、既に「分速」の部分が揃っています。つまり、「1分間で4.8km進むなら、1分間で何m進みますか?」と言い換えられます。単純にkmをmに変換するだけですね。60で割ったり60をかけたりする必要はありません。

したがって、“1km=1000m”を踏まえて次のように計算します(単位換算については、過去記事をお読みください)。

4.8×1000=4800  A. 分速4800m

小学生のうちに、“時速⇔分速⇔秒速”や“m⇔km”などの変換を理屈で考える癖をつけることが大切です。

トップ画像=フリー写真素材ぱくたそ / モデル=ゆうき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です