「量の単位のしくみ」でSI接頭辞を極める~単位換算の簡単攻略法~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

単位換算を小数点の移動と考える方法では、次の注意事項を守ってください。

・表のSI接頭辞は大きい順(「k(キロ)」から)に左から並べる。

・SI接頭辞のついていない「なし」を真ん中に入れる。

テスト開始直後、まずは空白に「k,h,da,なし,d,c,m」を書き、それを見ながら単位換算すればOKです。

とはいえ、これだけでは対応できない問題があるのも事実です。以下では、応用問題を解説します。

広告

面積や体積の単位換算には要注意

「3km2は□m2です。」という問題で、多くの小学生たちが間違います。

「小数点を右に3個分移動すればいいんでしょ!楽勝!!」

そう言いながら、「□=3000」と答えます。その答は間違いです。正しい答はいくつでしょうか?

というわけで、まずは面積の単位の基本を考えます。

「1km2=1km×1km」です。ここで「1km=1000m」なので、次のように計算できます。

1km2

=1km×1km

=1000m×1000m

=1000000m2

「0」がいっぱいですね(笑)。

面積の単位では、「m(メートル)」の右上に小さな「2(平方)」が付いています。これは、同じものを2回かけますよ、という目印です。したがって、小数点の移動も2回行う必要があります。

「3km2は□m2です。」では、小数点の移動3個分×2回なので、「3」の後ろに「0」が6個くっつきます。したがって、「□=3000000」です。

同様に考えて、「3km3は□m3です。」の場合、小数点の移動3個分×3回で「□=3000000000」です。めまいがするくらい「0」がありますね(笑)。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です