【割り算の筆算】割る数と割られる数から効率的に商を決定するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

「割り算が苦手!」という生徒に対して、「割る数と割られる数の左側の数字を比べなさい」と僕は指示します。具体的には、次の2つの数字を見比べさせます。

割る数の最上位の数字…①

割られる数の上位1~2桁…②

「①を何倍すると②になるか?」を考えさせるんですね。

【例1】“567÷24”の筆算

“567÷24”の筆算を例に考えましょう。

まずは、“56÷24”を計算して、割られる数の“6”の上に数字を書きます。このとき、上記の①と②に具体的な数値を当てはめます。

割る数の最上位の数字→2…①

割られる数の上位1桁→5…②

“(①の2)×2≒(②の5)”なので、“6”の上には“2”と書きます。このとき、“(①の2)×3”としないでください。計算した結果が、(②の5)より大きくなってしまうからです。

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

次に、“87÷24”です。割る数と割られる数の最上位の数字を見比べて、割られる数の“7”の上に“4”を書きます。

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

しかし、“24×4=96”は“87”より大きいので引けません。こういう場合は、“4”から1を引いて“3”に書き換えます。

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

“24×3=72”は“87”より小さいので、“87-72=15”となって、商の“23”と余りの“15”を求められました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です