現代文 一覧

「修飾」と「被修飾」、「連体修飾」と「連用修飾」を区別して覚える

「修飾」と「被修飾」、「連体修飾」と「連用修飾」を区別して覚える

国文法の「修飾」について解説します。「修飾」と「被修飾」、「連体修飾」と「連用修飾」などの文法用語を区別して覚えることが、国文法を理解するための第一歩です。他教科の土台となる国文法を、中学生のうちにしっかり定着させましょう。

記事を読む

具体例を読み流しなさい!読解テクニックで「読むのが遅い」を克服!

具体例を読み流しなさい!読解テクニックで「読むのが遅い」を克服!

国語(現代文)が苦手な生徒の多くは、「読むのが遅い」という悩みを抱えています。そんな彼らに向けて、「具体例を読み流す」という読解テクニックを紹介します。寺田寅彦の文章でテクニックの練習もできます。

記事を読む

【センター現代文】センター試験型マーク模試を利用した弱点分析法

【センター現代文】センター試験型マーク模試を利用した弱点分析法

「現代文ができません」という大学受験生を対象とした弱点分析法を紹介します。センター試験型マーク模試を利用して自分の弱点を把握できれば、「自分は何をすべきか?」に気付けるかもしれません。

記事を読む

国語辞典で慣用句や複合語を調べるには?辞書の引き方を考える

国語辞典で慣用句や複合語を調べるには?辞書の引き方を考える

最近の子どもたちは、国語辞典の引き方を知らないため、「耳が痛い」などの言葉の意味を調べられません。こうした傾向をふまえて、本記事では、慣用句や複合語を国語辞典でどう調べるかについて解説します。

記事を読む

国語の問題を論理的に解く!短期間で偏差値アップも夢じゃない!

国語の問題を論理的に解く!短期間で偏差値アップも夢じゃない!

本記事では、実際の問題について解説しながら、みみずくの国語指導がどのようなものかをお伝えします。生徒たちに考えさせる3点を具体的に紹介することで、国語の問題を論理的に解くための方法論を示したいと思います。

記事を読む

「国語が苦手」は危険信号!国語ができないから他の科目もできない?

「国語が苦手」は危険信号!国語ができないから他の科目もできない?

「国語ができないから他の科目もできない」は真実でしょうか?国語と他の科目との関連を考えながら、「国語が苦手」に陥る原因について考察してみます。国語ができるようになるためには、何をするのが最も効果的でしょうか?

記事を読む

【都立高校入試国語対策】直前期の受験生が定着させるべき3つの視点

【都立高校入試国語対策】直前期の受験生が定着させるべき3つの視点

国語は、入試直前になってもなお勉強法が分からない科目です。「国語は何をしたらいいの?」と悩む受験生のために、実践的な解法テクニックを3つ紹介します。当たり前のことを当たり前にできるようにしてくださいね。

記事を読む

【センター現代文】センター試験の評論で選択肢を絞り込む技術3選

【センター現代文】センター試験の評論で選択肢を絞り込む技術3選

センター現代文の評論では、どのような視点をもって本文と選択肢とを照合すればよいのでしょうか?本文の内容把握に基づいた読解法ではなく、「言葉」という小さな単位から選択肢を絞り込む技術を解説します。

記事を読む

「小説が苦手」を「精神年齢が低い」でごまかさない国語の読解指導

「小説が苦手」を「精神年齢が低い」でごまかさない国語の読解指導

「国語の読解で小説が苦手」という生徒たちがいます。彼らが小説の読解で失敗する原因を分析し、その対策を考えます。「小説が苦手」を「精神年齢」のせいにする国語指導者とは異なる視点を提供したいと思います。

記事を読む

【敬語】小中学生必見!尊敬語と謙譲語の使い分けを徹底マスター

【敬語】小中学生必見!尊敬語と謙譲語の使い分けを徹底マスター

小中学校で学ぶ「敬語」の使い方のうち、テストで出題されやすい内容をまとめました。尊敬語と謙譲語の使い分けを確認した後は、敬語の誤用について解説します。社会人として必須の敬語スキルを小中学生のうちに習得しておきましょう。

記事を読む

理系的思考のできない自称「文系」人間が語る「本質」という名の泥沼

理系的思考のできない自称「文系」人間が語る「本質」という名の泥沼

現代文(国語)の読解問題では、多くの問題に通用するテクニックが存在します。それを否定したがる国語指導者は、やたらと「本質」を語ります。この「本質」とは一体何なのでしょうか?理系的思考における「本質」と比較してみます。

記事を読む

塾の国語の授業は役に立たない?時間とお金と労力を浪費しないために

塾の国語の授業は役に立たない?時間とお金と労力を浪費しないために

大手塾に通う生徒たちは、塾の国語の授業を真面目に受けています。それにもかかわらず、「国語ができない」という状況に陥るのはなぜでしょうか?しばしば国語の相談を受けるプロ家庭教師が徒然なるままに書き連ねます。

記事を読む

【「ない」の識別】文法知識不要!観察と言い換えで問題を解く!!

【「ない」の識別】文法知識不要!観察と言い換えで問題を解く!!

小中学生が苦手とする口語文法問題のうち、「ない」の識別を解説します。細かい文法知識を前提とした解説ではなく、観察と言い換えで識別するテクニックをお伝えします。最後に、オススメの口語文法問題集も紹介します。

記事を読む

【背景知識と現代文読解】国語指導で芸術論や文化論を重視すべき?

【背景知識と現代文読解】国語指導で芸術論や文化論を重視すべき?

現代文の読解では、環境論や科学論、自然論などの背景知識が必要だ、と多くの国語指導者たちが考えます。しかし、それは本当でしょうか?背景知識とそれに基づく内容理解に偏った国語指導の在り方に疑問を投げかけます。

記事を読む

具体的と具体例の違いとは?現代文の記述問題で大失点しないために

具体的と具体例の違いとは?現代文の記述問題で大失点しないために

記述式の現代文の試験では、「具体的に説明しなさい」という問題が頻出です。しかし、多くの生徒たちは、「具体的な説明」ではなく「具体例」を答に書いて失点します。そもそも、「具体的」と「具体例」の違いは何なのでしょうか?

記事を読む

小説問題で登場人物の心情をどう答える?客観的読解と深読みの境界

小説問題で登場人物の心情をどう答える?客観的読解と深読みの境界

「評論は得意だけれども小説が苦手」という生徒たちがいます。彼らはどうして小説問題で失点するのでしょうか?現行の国語教育の問題点や生徒たちの特性なども踏まえながら、客観的読解と深読みの境界について考えます。

記事を読む

国語で同じ問題を解き直すのは無意味?三流国語指導者の見分け方

国語で同じ問題を解き直すのは無意味?三流国語指導者の見分け方

国語では、同じ問題を解き直すことに意味はないのでしょうか?国語の問題をどう解くかについて考え、国語で成績不振に悩んでいる生徒たちの現状を分析してみます。最後に、三流国語指導者の見分け方もお伝えします。

記事を読む

広告