子ども 一覧

「忘れ物をするな!」では解決しない!忘れ物を無くす合理的な方法

「忘れ物をするな!」では解決しない!忘れ物を無くす合理的な方法

忘れ物の多い生徒に「忘れ物をするな!」と注意しても意味がありません。そこで、忘れ物をする原因を究明した上で、忘れ物を無くす合理的な方法を提案したいと思います。忘れ物が無くなればストレスも無くなりますよ。

記事を読む

3回見たけど無い!~目の前にあるものを見えなくする思い込み~

3回見たけど無い!~目の前にあるものを見えなくする思い込み~

最近、与えられた問題文や資料などを見ないで考え込む生徒が多いように思います。目の前にあるものを見えなくする思い込みが生徒たちに生じる原因を考え、その思い込みを打ち砕く声がけについて考えました。

記事を読む

授業中に話しかけられたらどうする?悪意無き加害者から身を守る方法

授業中に話しかけられたらどうする?悪意無き加害者から身を守る方法

授業中に話しかけられたA君は、先生から注意されてしまいました。一方、話しかけたB君はおとがめなしです。A君は、B君に対してどのような態度を取るべきだったのでしょうか?悪意無き加害者から身を守る方法を考えます。

記事を読む

教育業界は不健全だから、健全化しなければ子どもが犠牲になるのか?

教育業界は不健全だから、健全化しなければ子どもが犠牲になるのか?

拝金主義的なA塾と熱血主義的なB塾とを比較しながら、教育業界との付き合い方について考えます。「教育業界は不健全だから、健全化しなければ子どもが犠牲になる」という主張は本当でしょうか?

記事を読む

子どもの癖を受け入れる?矯正する?~落ち着きのない生徒の指導~

子どもの癖を受け入れる?矯正する?~落ち着きのない生徒の指導~

貧乏揺すりやペン回しなど、大人から見て気になる子どもの癖があります。僕が現在指導中の生徒たちも、こうした癖の一つや二つは必ずもっています。そんな生徒の癖に対するみみずくの指導方針をお伝えします。

記事を読む

【「差別」と「区別」】他の人は怒られなかったのに自分だけ怒られた

【「差別」と「区別」】他の人は怒られなかったのに自分だけ怒られた

「他の人は怒られなかったのに自分だけ怒られた」と主張する子どもは、そのことを「差別」だと認識しがちです。そんな子どもに対して指導者はどう対応すればいいのでしょうか?「差別」と「区別」という観点から考えます。

記事を読む

円滑な親子関係のヒント~子どもと上手く付き合う保護者の共通項~

円滑な親子関係のヒント~子どもと上手く付き合う保護者の共通項~

さまざまな事情を抱えた家庭を見てきたプロ家庭教師が、子どもと上手く付き合っている保護者の共通項を紹介します。子どもの失敗や怠惰、悪さに対してどう対応すべきなのでしょうか?円滑な親子関係のヒントを示します。

記事を読む

指示を守らない生徒の問題点~能力が高くても成績不振になる理由~

指示を守らない生徒の問題点~能力が高くても成績不振になる理由~

生徒たちの中には、大人の指示を守れない子がいます。彼らは、どんなに地頭が良くても、かけた時間と労力の割に成績が低迷します。彼らの抱える問題点に言及しながら、「指示を守る」ことに僕がこだわる理由を説明します。

記事を読む

「努力」はNGワード!空虚な「努力」は子どもを暴走・勘違いさせる

「努力」はNGワード!空虚な「努力」は子どもを暴走・勘違いさせる

「努力します!」や「努力しなさい!」はよく聞く言葉です。しかし、ここでいう「努力」は、抽象的だったり勘違いだったりがほとんどです。「努力」という言葉が子どもたちにもたらす弊害について考えてみましょう。

記事を読む

長所を伸ばすか?短所を潰すか?「結果」をどう捉えるかが問題だ!

長所を伸ばすか?短所を潰すか?「結果」をどう捉えるかが問題だ!

長所を伸ばす指導と短所を潰す指導は、いずれもメリット・デメリットがあります。両者の違いを「結果」という言葉から考えてみました。短所を潰す指導のリスクを最小限に抑えるには、いったいどうすればよいのでしょうか?

記事を読む

広告