【デパートメントH】魅惑のドラァグクイーンと楽しむアングラな夜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デパートメントH

毎月第一土曜日の夜は「デパートメントH」が開催されます。

「デパートメントH」通称「デパH」「デパチ」は、20年以上の歴史を誇る日本最大級のアングラ&フェティッシュイベントです。僕のような一般人(?)からアーティストやカメラマン、コスプレイヤー、異性装者、ラバリスト、ドーラーなど、さまざまなジャンルの人たちが集います。主宰者は、イラストレーターのゴッホ今泉氏。

デパートメントH

入り口で面白い光景と出会う。タイデロンに捕食されるサエポーク&サエシープ(2016年1月)

本記事では、“デパートメントHの華”であるドラァグクイーンの魅力を紹介します。

ドラァグクイーンとは?

ドラァグクイーンとは、派手な衣装と厚化粧で女装しパフォーマンスを行う人たちです。

有名なドラァグクイーンといえばマツコ・デラックスさん。ユニークなヴィジュアルとトークが人気を博し、現在ではTVなどでお馴染みの芸能人です。そんなマツコさんが司会を務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系列)では、「オネエ道中膝栗毛」と題して全国津々浦々のドラァグクイーンたちを紹介。今やドラァグクイーンの存在は一般に認知されつつあります。

デパートメントH

デパートメントHのドラァグクイーンたち(2016年1月)

ドラァグクイーンはゲイ文化から発祥したこともあり、その多くは同性愛か両性愛の男性です。一方で、性的嗜好とは関係なく、パフォーマンスのために女装するドラァグクイーンもいます。女性のドラァグクイーンまで存在するから驚きです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です