【新春えびすリアリズム】蛭子能収が誘うポップでシュールな大展覧会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新春えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~
広告

高校時代、僕は蛭子能収のマンガと出会った!

高校時代、僕は、倫理担当のK師にお世話になりました。2年次のクラス担任であり、受験期には小論文も添削してもらいました。そんな大恩人のK師は、何といいますか、ちょっと変わった先生でした。変人の僕が言うくらいですから、K師は本当に変わっていたんです!

1年次の倫理の授業は、後半が原一男監督『ゆきゆきて、神軍』の鑑賞。『ゆきゆきて、神軍』といえば、さまざまなスキャンダルで有名な奥崎謙三を追いかけたドキュメンタリー映画です。かなり狂気じみた作品で、多感な高校1年生にこれを見せるあたり、K師の危険度が分かりますね(笑)。

倫理教師が貸してくれた『地獄に堕ちた教師ども』

ある日、K師が僕に1冊のマンガを貸してくれました。蛭子能収『地獄に堕ちた教師ども』でした。

新春えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~

これをきっかけに、僕は、K師からさまざまなマンガを借りていきました。丸尾末広、花輪和一、ねこぢる、山野一、ひさうちみちお……ガロ系アングラ漫画家のオンパレード!こうして僕はアングラの闇へと堕ちて行きました、めでたしめでたし!!

……って、話が終わっちゃいけませんね。ここからが本題。そう、蛭子能収ですよ、蛭子能収!

「ひるこのうしゅう」っていったい何者?

僕は、K師から『地獄に堕ちた教師ども』を借りてしばらくの間、「蛭子能収」を「ひるこのうしゅう」と読んでいました。地元のトップ進学校に通う僕の頭をしても、「蛭子能収」は「ひるこのうしゅう」でした(笑)。

その後、僕は「ひるこのうしゅう」が気になって、「蛭子能収」のマンガを少しずつ蒐集していきました。絶版の本ばかりなので、ブックオフで探して何冊かゲットしました。その中でもインパクトが強かったのが『狂ったバナナ (シュール・ド・エロ)』

狂ったバナナ (シュール・ド・エロ)

中古価格
¥1,899から
(2016/1/5 17:27時点)

タイトルからして18禁ですが、もちろん内容も18禁。とはいえ、絵柄が絵柄ですから、性的にどうこうというのは無く、僕は、純粋に「面白いなぁ~」と思って読んでいました。

このあたりで、「蛭子能収」は「えびすよしかず」と読む、と僕は気付きました。高校2年の秋の出来事でした。更に数年後、僕の頭の中で、漫画家の蛭子能収とテレビに出演している「えびすさん」とが一致。シュールなエログロマンガと「えびすさん」の柔和な笑顔とのギャップに、僕は「ウホッ!」となりました。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です