【書評】『中学受験 SAPIXの国語』杉山由美子・清水昭弘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

中学受験界業界で最大手の進学塾といえばSAPIX(サピックス)です。その洗練されたカリキュラムは、多くの中学受験生とその保護者から高く評価されています。御三家を初めとする最難関中学への合格実績は突出しています。

一方、「SAPIXに通っているけれども、国語だけ伸びない」という話もちらほら耳にします。この噂は本当なのでしょうか?本当だとすると、それはなぜなのでしょうか?

この疑問に対する一つの解が、『中学受験 SAPIXの国語』に書かれています。

国語の授業が早押しクイズ大会に

『中学受験 SAPIXの国語』の第2章は「小学3年生の授業」です。この章では、生徒たちと講師のやり取りが再現されています。

(講師は)それから「ほかには」とさらなる答えを言わせようとする。その都度、挙手する子だらけ。一回発言した子も、また違うことを思いついて手を挙げる。もうみんなわれ先に言いたがって夢中だ。(P44)

男の子たちは、講師に指されたくて夢中になって額に汗を浮かべているのではないかというくらい必死の形相だ。(P45)

こうした描写からは、授業に積極的な生徒たちの熱気も伝わってきて、「いい授業だなぁ」とつい思ってしまいます。しかし、これは、本質的にダメな授業です。というのも、国語の授業が早押しクイズ大会と化しているからです。

見ていると、自信満々でなんでもすべて挙手し、合っていようとまちがっていようと答えるチャンスを逃さないチャレンジャーもいれば、ムードメーカータイプでまちがっても受けねらいする子もいる。そういうタイプは男の子に多い。(P45)

国語の入試問題では、本文を丁寧に精査し、そこから解答の根拠を探す地道な作業を求められます。しかし、SAPIXの国語の授業は、そうした作業とは正反対の方向に突っ走っているのです。

低学年の授業ですから、「子どもの意欲を高めている」「自尊心はだいじにしている」(P58)という点はすばらしいと思います。そして、何でもかんでも「本文に即して云々」と理詰めで考えさせることがよいわけでもないでしょう。

しかし、低学年の授業だからこそ、中学受験を勝ち抜かせるための「躾」をきちんとすべきなのも確かです。でたらめな発言をする生徒ばかりが目立って、それが授業のムードになっているようでは、進学塾の授業風景としてはアウトです。学校の国語の授業ではないのですから。

つまり、『中学受験 SAPIXの国語』の第2章には、生徒たちが楽しんでいる「だけ」の早押しクイズ大会の様子が描かれていて、そこからは「躾」が行き届いていないいい加減さが読み取れます。同時に、「国語だけ伸びない男子」が量産される構造が透けて見えます。早押しクイズ大会の猛者たち(=でたらめな発言をくりかえす男子たち)は、学年が上がるにつれて、どんどん国語の偏差値が下がっていくのです。

中学受験 SAPIXの国語 (中学受験実践ブックス)

中古価格
¥199から
(2016/10/18 15:56時点)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です