生徒指導 一覧

ノート作りで成績アップ!復習で役立ち受験対策にもなるノート指導

ノート作りで成績アップ!復習で役立ち受験対策にもなるノート指導

みみずくの指導では、生徒にノートを取らせることを大切にしています。ノート作りを通して生徒たちが学べることは何なのでしょうか?復習で役立つだけでなく、受験対策としても有意義なノート指導について解説します。

記事を読む

子どもの癖を受け入れる?矯正する?~落ち着きのない生徒の指導~

子どもの癖を受け入れる?矯正する?~落ち着きのない生徒の指導~

貧乏揺すりやペン回しなど、大人から見て気になる子どもの癖があります。僕が現在指導中の生徒たちも、こうした癖の一つや二つは必ずもっています。そんな生徒の癖に対するみみずくの指導方針をお伝えします。

記事を読む

考え方は正しくても正解に辿り着けない?思考の簡略化で苦手を緩和

考え方は正しくても正解に辿り着けない?思考の簡略化で苦手を緩和

考え方は正しいのに正解に辿り着けず、勉強に対して「できない」「苦手」と思い込んでいる生徒たちがいます。彼らの思考方法とつまずきの原因を探り、「思考の簡略化」という視点からの解決策を考えます。

記事を読む

家庭教師と一緒に予習しよう!先取り学習でコスパ抜群の指導を実現

家庭教師と一緒に予習しよう!先取り学習でコスパ抜群の指導を実現

義務教育の学習内容程度なら、長時間指導は必要ありません。体系的かつ効率的な短時間指導を通して小中学生の成績をアップさせてきたみみずくが、予習中心の指導についてそのメリットを語ります。

記事を読む

【「差別」と「区別」】他の人は怒られなかったのに自分だけ怒られた

【「差別」と「区別」】他の人は怒られなかったのに自分だけ怒られた

「他の人は怒られなかったのに自分だけ怒られた」と主張する子どもは、そのことを「差別」だと認識しがちです。そんな子どもに対して指導者はどう対応すればいいのでしょうか?「差別」と「区別」という観点から考えます。

記事を読む

春から高校生になる中学3年生へ~国数英の予習と塾などの継続基準~

春から高校生になる中学3年生へ~国数英の予習と塾などの継続基準~

春から高校生になる中学3年生が高校入学前に取り組むべきことをまとめました。国語・数学・英語の予習方法を具体的に示します。また、中学時代に利用していた塾や家庭教師を高校入学後も継続するかどうかの判断基準も提案します。

記事を読む

春から中学生になる小学6年生へ~国数英の予習復習と入学前の準備~

春から中学生になる小学6年生へ~国数英の予習復習と入学前の準備~

春から中学生になる小学6年生が中学入学前に取り組むべきことをまとめました。国語・数学(算数)・英語の予習復習をどうすべきか?勉強以外で注意することはあるのか?そんな疑問に対してプロ家庭教師が提案します。

記事を読む

指示を守らない生徒の問題点~能力が高くても成績不振になる理由~

指示を守らない生徒の問題点~能力が高くても成績不振になる理由~

生徒たちの中には、大人の指示を守れない子がいます。彼らは、どんなに地頭が良くても、かけた時間と労力の割に成績が低迷します。彼らの抱える問題点に言及しながら、「指示を守る」ことに僕がこだわる理由を説明します。

記事を読む

参考書や辞書の凡例を確認すべし!記号を混同してつまずかないために

参考書や辞書の凡例を確認すべし!記号を混同してつまずかないために

参考書や辞書で調べ物をしたにもかかわらず、正しく情報を得られない生徒たちがいます。彼らのつまずきは、参考書などの使い方が悪い点にあります。具体例を挙げながら、調べ物のコツについて考えてみましょう。

記事を読む

「努力」はNGワード!空虚な「努力」は子どもを暴走・勘違いさせる

「努力」はNGワード!空虚な「努力」は子どもを暴走・勘違いさせる

「努力します!」や「努力しなさい!」はよく聞く言葉です。しかし、ここでいう「努力」は、抽象的だったり勘違いだったりがほとんどです。「努力」という言葉が子どもたちにもたらす弊害について考えてみましょう。

記事を読む

長所を伸ばすか?短所を潰すか?「結果」をどう捉えるかが問題だ!

長所を伸ばすか?短所を潰すか?「結果」をどう捉えるかが問題だ!

長所を伸ばす指導と短所を潰す指導は、いずれもメリット・デメリットがあります。両者の違いを「結果」という言葉から考えてみました。短所を潰す指導のリスクを最小限に抑えるには、いったいどうすればよいのでしょうか?

記事を読む